FC2ブログ
甘い水2 
甘い水 2 (リンクスロマンス)甘い水 2 (リンクスロマンス)
(2012/05/30)
かわい 有美子

商品詳細を見る


ふふふふふふふふふ(不気味)。
ニヤニヤが止まらな~い!!

甘い水のタイトル由来が分かりましたね。んで、とにかく甘いですよぅ。タオルケットとか旅館とか…!
遠藤があれなんで、今後も甘い雰囲気になることは少ないかと思いますが、でも神宮寺がんばれ。なんやかんやいっても恋人なんだからさ~。と心で語りかけながら読んでました(笑)。

今後も同人誌で二人を読みたいですね。
そして篠口さんにもハッピーなことがあったらいいなぁ、、、などと思いました。

あぁこれ書いてたら、また読み返したくなってきた。
スポンサーサイト



甘い水 
甘い水 (リンクスロマンス)甘い水 (リンクスロマンス)
(2011/10/28)
かわい 有美子

商品詳細を見る


ひっくり返りそうになるくらい悶えました。
読んでる間、ニヤニヤが止まらなくて困った……!

なんか想像してたのと違ったけど、でもいい方向に違ったので面白かったんだなー。続きが超超楽しみ!早くお願いします!

今の勢いで、リンクス買っちゃいそうですわ。
夢色十夜(1)~(3) 
夢色十夜 (パレット文庫)夢色十夜 (パレット文庫)
(2000/02)
かわい ゆみこ

夢色十夜(とおや) (2の巻) (パレット文庫)夢色十夜(とおや) (2の巻) (パレット文庫)
(2000/07)
かわい ゆみこ

夢色十夜〈3の巻〉 (パレット文庫)夢色十夜〈3の巻〉 (パレット文庫)
(2000/12)
かわい ゆみこ



長らく積読だったのですが、4月は読書意欲がまったくわかずBLにもちと食傷気味、、、だったので、ニアホモ(?)なこれを引っ張り出してきました。

いやーおもしろかったです。どうして早く読まなかったんだろう!と後悔しましたね。
話のテイストと今市子さんのイラストが本当にピッタリ。一瞬、今市子さんの漫画のノベライズを読んでる気分になりましたね。

個人的にはかわいさんはこういうテイストのほうが好きかな~って思いました。なんかこう「漂わせる」みたいな空気がうまいというか。

最後は夢オチというびっくりな展開でしたが、丸々3冊満足しました。
ホーリー・アップル 虹色のスチーム 
ホーリー・アップル 虹色のスチーム (講談社X文庫ホワイトハート)ホーリー・アップル 虹色のスチーム (講談社X文庫ホワイトハート)
(2010/04/05)
柏枝 真郷



シリーズ3冊目。
ちゃんとお互いの気持ちを言葉にし合って、ようやく2人が恋人同士になります。
やっと落ち着いたわ~。

ハリーが刑事昇任を打診されて迷いまくるという、転機も訪れます。
ま、ハリーが迷うのはいつものことですが。

次回からは、刑事のパートナーとしての2人という、新しい展開になるでしょう。
とても楽しみです。

それとドイルの過去話が出てきましたが、ハリーの過去話はまだまだ。これからはこちらもポイントになってきそうですね。
なぜあの方に恋したのかと聞かれたら… 
なぜあの方に恋したのかと聞かれたら… (白泉社花丸文庫)なぜあの方に恋したのかと聞かれたら… (白泉社花丸文庫)
(2010/03)
小林 典雅



実に「小林典雅」らしいタイトルですなぁ。。。笑わせる気満々?

会話のテンポとズレ方が相変わらずの典雅節。
完全に丸め込まれてるアルに「騙されてるぞー!」と教えてあげたくなります(笑)。
もうなんちゅーか、いくらなんでもそんなレッスンねぇぞ!と。

でもあとがきの「塾頭&碧海の前世」っていうのを読んで妙に納得。
そら、騙されても仕方ないわねー、みたいな。

とりあえず、これを読む前に『美男の達人』を読んで、典雅ワールドに浸ってから、こちらの作品を読むのをおすすめしたい。
恋を知る日 
恋を知る日 (二見シャレード文庫)恋を知る日 (二見シャレード文庫)
(2009/12/18)
可南 さらさ



2010年初泣き。
もうなんかぐぐぐーーっときちゃいまして、ボロボロ泣いてしまいました。
久しぶりに可南本のヒットきた!と思いました。こういうの待ってた!

雅臣の変わり様がすごい笑える。最初は上から目線だったのが、恋を知ったとたん臆病になっちゃってかわいく見えてきました。案外泣き虫だしねぇ。でもそこでわたしは一緒に泣いちゃったんですけどね。

ところで鳴瀬家といわれてもピンとこないんですが、どっかで読んだかなぁ?ずっと疑問なのですがいまだに解決してません。
いとし、いとしという心 
いとし、いとしという心〈2〉 (ビーボーイノベルズ)いとし、いとしという心〈2〉 (ビーボーイノベルズ)
(2009/11)
かわい 有美子



前巻読んで千秋にちょっぴり同情的だったのですが、かわいさんがブログで「みんな騙されてるで~」ってなことを書いていたんですよね。まぁ確かにかなりの腹黒ですが、でもやっぱり不憫だな~と思うんですよ。あんな育ち方したら、そら腹黒にもなりますわな~と。

2巻でも「こいつやっぱり腹黒」だと思うシーンはいくつかあったのですが、高校生編を読んでしまうとねぇ。可哀想じゃないか、育ちに差をつけられるって。頭がいいだけに、それを悟ってしまうのも千秋の不幸だったんでしょうね。それなのに、侑央ってば千秋の良さや辛さを分かっていながら、荘一のほうに惹かれちゃうんだもん。そりゃ千秋も捻じ曲がった愛情表現しかできないわよね、とまたも千秋に同情的?

結局、両想いになったんですが、2人とも老舗の跡取りですからね。そんな簡単にはいきませんよ。でも千秋ならどーとでも言いくるめそう。侑央も千秋の腹黒さがちょっとわかってるようなので、まぁうまくやっていくんでしょう。

しかし、帯に「一途」って書かれてましたが、一途というより執着?執念?を感じますね。侑央が気の毒のような……?
幾千の夜 第一夜 
幾千の夜 第一夜 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 33)幾千の夜 第一夜 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 33)
(2009/11/02)
木下 けい子



大好きな木下さんの2冊同時刊行のうちの1冊。

すっげーーー良かったです。
まだ1巻だけど、これからどう転ぶかわからんけど、それでもこの1冊はまるまる素敵だったと思います。

とにかくもどかしいんですよね。哲弥の恋心も、宙の一途さも、すべてがかみ合ってなくて、読んでるこちらがジタバタする。こっちがジタバタしたってどうしようもないのに、でも「続き出るのいつですかーー!」と編集部に電話したくなる(しませんけど)くらいじれったい。

当て馬な奴も哲弥の彼女も今後登場しそうですねぇ。最後まで辿り着くのは(わたしたちが読めるのは)いつでしょうか。できるだけ早くお願いしたい。切ない木下作品は最強ですよ。
no reason 恋に堕ちる 
no reason―恋に堕ちる (リンクスロマンス)no reason―恋に堕ちる (リンクスロマンス)
(2009/08)
可南 さらさ



可南さんの王道。
もうどこで切っても王道だったなぁ。

高校生同士で初々しいし、「初恋」ってのがぴったりくるストーリーでした。
昔の作品みたいですが、確かに今のBL界ではあまり見かけない感じだった。そこが可南さんの良さでもありますが。

ひとつ、柚木が一成を好きだと気づくところ。ここはちょっと唐突だったかな、と思いました。読んでるほうは、両想いっていうのはすぐに分かったんだけど、柚木はなにせ鈍くて初心な子ですから。いきなり裸になったりってシーンがちょっと違うかな、と感じました。

でもそこ以外は、2人とも嬉し恥ずかし高校生でかわいかったです。一成も攻めっつーより普通の高校生ぽかったし、そこがまた話にリアリティがあっておもしろかったです。
未成年。 
未成年。 (幻冬舎ルチル文庫)未成年。 (幻冬舎ルチル文庫)
(2009/08/19)
かわい 有美子



新書版を古本で手に入れて読まないまま数ヶ月。文庫が出てしまいました。
そして結局、文庫版を読みました。何のために新書版買ったのよ。

さて、やはりかなり古い作品だなぁというのが感想。
青春ものでも、やはりどこか懐かしさ(自分の学生時代を思い出す、という意味ではなく「時代」としての懐かしさ)を感じます。文章もどこか若さを感じますしね。

しかし、ご本人も後書きに書かれてますが「どうしてそっちとくっつくの?!」という印象。いや、個人的には東郷のほうが好みではありますが、明らかに伊集院=攻めっぽい登場でしたよ?!これだけ成瀬を甘やかして可愛がっているのに報われないなんて可哀想だな、伊集院。

東郷とくっついてうまくいった後日談が読みたかったなー。でもそうなると「未成年」ではなくなるのか。ちょっと残念。