FC2ブログ
ねかせないで 
 ねかせないで

町屋さん久しぶり、とか思ったけど、2冊目なんですね。前作も読んでますが、ストーリー的には前のほうが好きだったかなー。でも絵の感じはこっちのほうが好み。

パン屋に集う(?)3カップルなんですが、どれもこれも可愛らしい。特に、高校生カプと会社の先輩&後輩カプ。ほんとバカップルを描いてるって感じでほほえましく読みましたよ。でもパン屋さん&幼馴染はちょっと雰囲気違うね。こういうストーリーが前作を彷彿とさせて良かったです。短編もいいけど、ひとつのカップルをじっくり描くほうが面白いんじゃないかなーと思いました。

また次でたら買っちゃう作家さん。なんつっても絵が好きだ。
未熟な彼氏 
 未熟な彼氏

短編集なのかな?古い作品もあるようで、目がこわい……。昔のはやっぱり目に特徴があるんですよね~水名瀬さん。

頭の中でなんとなく『極上の彼氏』と混同していて、そのイメージで読んだのとタイトルの作品は一番最後だったせいか、なーんか話に集中できず。「あれ?なんか(タイトルと)違う……」とか思いながら読んでしまいました。表題作は最後だっつーのに。

でもそれを抜きにしてもストーリーが中途半端な気がした。短編集なせいでしょうが。水名瀬さんは短編よりも丸々一冊使って描くほうが向いてると思う。ストーリーの作り方が短編向きじゃないんだよな~と。次は『極上の彼氏』の続きでお願いします。
ショートカット・ラブ!! 
 ショートカット・ラブ!!

「原作:秀香穂里さん」っていうのに非常に納得がいく内容でした。
水名瀬さんの絵はまぁ決まりきってるので(でも好きなんだけど!)こんなもんかなぁとは思いました(スイマセン)。もちろん動きがある漫画なのでそれはそれで面白かったんですけど、個人的には秀さんの小説版が読みたいと思った。これコミックス1冊に収めるには濃い内容じゃないですか?とくにエロシーン。秀さんご本人も力こめたみたいなこと書いてますし、ここはひとつ小説版を切望しまーす。こういう話は絶対に秀さんの本領発揮だと思いますよ?
ピンクのピアニシモ 
 ピンクのピアニシモ

一言で言えば少女漫画。それもイマドキじゃなくて一昔どころか二昔前のね。なんというか、読んでてお尻がムズムズしちゃいましたよ。その昔、まだ少女だった頃に読んでいた漫画そのもので(笑)

ストーリーは実にありきたりといっては失礼かな。でも特別ひねりがあるわけじゃないし複雑なわけでもないですからね~。家庭内兄弟同性恋愛だよ。ただ、松前さんの表現はやはり時々はっとさせられますね。タイトルが印象的なのも相変わらずで、タイトルネーミングセンスは抜群だと思います。
コルセーア~月を抱く海(1) 
 コルセーア(月を抱く海 1)

『梟』の衝撃が未だ去らず……。でも読了した本はたまっていくわけで。

そんなこんなで、まったく期待を裏切らない人だなカナーレ!(笑)
いつも通りに自分から火の粉をかぶりアヤースたちを動かしてしまうという。どうしてそう、自分から飛び込んじゃうんでしょうねぇ。もうしょうがない人だよ。

今回はセサームさまやヤーニも登場回数が多そうですし、ラブなシーンもたくさん見られるかな。個人的にヤーニが好きです(セサームだけ「さま」付きの特別扱いだけどね/笑)。

今回は4巻通してひとつのお話ってことなんで、まだまだ序章。序章でさらわれてますからね。どうなることやら。あまり痛い展開が待ってないことを祈ります。
身勝手なあなた 
 身勝手なあなた

初めての方だよな~と思って買ったら、高校生の屋上ものは読んだことあった。あれ、読んだときはいまいちだなとか思ったんだけどね。

個人的には『幸せな人たち』が一番好きだった。なんか良くない?あのラブラブカップルと子供の温度差。子供も案外気を使って苦労してんのよ、って感じが好きだなーと思った。

あとはめがね書生受けも良かったな。もちろん表題作は面白かったけど、個人的には苦労してる中学生の息子にやられたね。4コマの『夏みかん』も面白かったし、満足の1冊。
白雨 
 白雨

タイトルを見てまず「あ。睦月だ」。『松風の虜』で幼い睦月が「白雨でございます」と言うシーンを思い出しました。

ま、それは置いといて。
これは再会ものですね。いわゆる身分の差ありのありがちな作品を想像していましたが、いい意味で裏切られたなぁ。まず受けがしなやかでたくましく強い。そして攻めがお坊ちゃんなのにどこか少年の可愛らしさを残してるから高感度も上がる。お坊ちゃんにありがちの傲慢さがなくて、そこが受けとの絶妙なバランスになってたように感じました。

隆生もかわいいしねー。わたしはBLの子供登場ものは結構好きです。子供+夫夫という感じになるのが微笑ましくてねぇ。真崎さんの『白の彼方へ』はあれはあれでおもしろかったのですが、今回の方が遥かに好きになりました。前にでたリンク作もルチルで出るようなので楽しみです。
True Love 
 True love

まったく初めて読む作家さんです。ちなみにお名前も存じませんでした。既に書いてない方……??そこらへんはよくわからないのですが、某所で書評を読んで気になったのでいくつか購入。既に新刊では扱ってないので古本ですが、なにせ白泉社なのでなかなか見つからんだろうと諦めていたらわりとあっさりあったので拍子抜け~。

まだコレしか読んでないのではっきりとはわかりませんが、文章が優しいというのが第一印象。なんか全体の空気というのか、そういうのが優しい気がしましたね。別れるとか別の男と一晩限りの関係とか、それなりの修羅場で身を切られるような辛さのはずなのにね。

でも逆に言えば、描写が足りないとも言う。これは同じバーに関係する人たちを主人公にした連作シリーズなのですが、イマイチその関係性がはっきりしない。そこが想像させる余裕であればいいのですが、どうにも作者ひとりだけが納得して書いているような感じだった。表題作の攻めが過去にした辛い経験なんてまーーったく何があったのかわかんないし、周囲の人の会話からそういうことがあったんだとわかるだけ。でもソコ重要だと思うの。受けとの関係を躊躇ったりとかするのってその経験からくるんだろうし、実は友人というピアニストとの関係もソコを話さないとダメなはずなんだけどなー。といろいろ不満も残った作品です。なんかいろいろ惜しい!という感じ。
アウトレットな彼と彼 
アウトレットな彼と彼

前作もそうでしたが、今回も目の前に風景が広がってるようでした。空を切り取ったかのような描写が良かったですね。

ちょっと理屈っぽいところもありましたが(それが松前さんの味かな)、この人のお話は矛盾がないのであまり違和感を感じません。ただ、善貴と皆人の2人の世界で完結してる感じで、そこは気になった。もちろん覚という親友がでてきますけど、なんか「世界に2人だけしかいないのよ」みたいな感じ。BLマジックってやつですね。

でも風景描写と恋に落ちていく過程が丁寧で、松前さんの作品はなんだか郷愁というか懐かしさすら感じます。
アンバランスな熱 
 アンバランスな熱

えーーーーーーー。そっちとくっつくんですかい?!
あとがきにあるように、「拾っちゃったから仕方ない」っていうところでしょうけども。

当て馬にもなってないような義人が妙に気の毒。……お父さんか静香とくっつけるのも面白いかもね。ふふふ。

強○されるのも好きになるのも突然だよねぇ。ってそれはわりと水名瀬作品には見られる傾向な上に、また三角関係ですよ。ということで、感想は概ね前回と一緒かなー。