FC2ブログ
イノセントサイレンス 
イノセントサイレンス (アルルノベルス)イノセントサイレンス (アルルノベルス)
(2009/07)
今泉 まさ子



冒険だったのはわかってる。
でも朝南さん挿絵だったからどうしても気になってしまってお金をだしてしまったの。
どうしてこれが900円もするの?


……という感じでしょうか。
もうね、こういう感想だろうなーと予感はしてた。読み始めてしばらくして「これ、なんかこの前読んだのに似てる?」とデジャヴュ。義月さんのこれね。ストーリーとか設定とか全然違うのに、ものすごく似てる印象。

要するに同人誌なんですよね(あとがき読むと同人誌で書いたのを纏めたみたい)。独りよがり。読者に対する説明なし。作者のプロットは完璧なんだろうけど、それに対する説明不足。一瞬、続き物かと思って確認しちゃったよ。主人公2人の駆け引きもドキドキ感がないしわからない。作者「だけが」わかってる状態ですよ。本来、裏設定的なことが表に出てきて、逆にちゃんと説明しなきゃいけないところが省かれてる。これじゃ、登場人物の気持ちがまったくこちらには伝わってこないです。

義月さんや今泉さんの感想で、わたし「同人誌」って言葉は前にも使ってるんだけど、なんか年々そういう傾向が強くなってない?説明だけが延々書いてる脚本読んでる感覚に陥りますね。
スポンサーサイト



暗くなったら抱きしめて 
 暗くなったら抱きしめて

ラブラブリーマン生活を読みたい時にピッタリ☆
そんな感じのお話でしたね。意外にエロシーンががっつりエロく描かれてましてちょっとビックリ(いや、でも『エゴイスト・ハザード』もわりとがっつり書かれてたな、そういえば)。見た目と評判に反して案外純情な攻めと、かわいい外見に反して彼女と二股かけててもあまり悩まない受け(ちょっと御幣あり)。そこのギャップがおもしろかったかなー。

でも今泉さんの作品読んでると時々「あれ?これ同人誌だっけ?」と思うような表現があって、そこに違和感感じます。言葉遣いとか、いきなり軽くなる文章とか。そういうのを置いといたら、リーマンものなんてとっつきやすいんですけどね。
駆け引きはキスのあとで 
 駆け引きはキスのあとで

今泉作品は『エゴイスト・ハザード』しか読んだことがありません。ベタな展開ながら雪舟絵ということもあり、結構気に入ってる作品です。

この作品、同じようなベタストーリーですが……うーん。正直全く話に入っていけなかったなぁ。ケーキと思って食べ始めたら中が餡子だった!みたいな違和感がありました。挿絵も「若くてかっこよくて帝王な攻め」「誰もが見とれる美形な受け」な絵じゃなかったし(わたしが挿絵重視なんでそう思うだけかもね)。今泉さんがこういうベタな感じの作風ならあまり合わないのかもな~。