FC2ブログ
愛の弾丸 
愛の弾丸 (幻冬舎ルチル文庫)愛の弾丸 (幻冬舎ルチル文庫)
(2009/09/15)
小川 いら



最近、わたしの抱いていた小川いらさんのイメージ(作品の印象)が崩れつつあります。
この作品はヤクザものですが、同じヤクザものでも『盃、いただきました』シリーズなんかとは全然違いますよね。噂にある別名義作品は、最近やわらかくなったと評判ですが(でもまだ読むのに相当の勇気が必要)、小川いらさんはハード(ってほどでもないけど)になりましたね。これってどういうことでしょうね?

なーんて、余計なことを考えながら読んでました。
だって特に英志の高校時代の過去話なんて、まんま別名義の人が書きそうな感じなんだもん。こういうの苦手なんだよね、という肌感覚がまさに。

好みかどうかといわれれば、ヤクザものは好みです。でもストーリーの転び方がイマイチかなぁ。中途半端とは言いませんが、なんとなく消化不良な感じが残りました。いっそ、2人でタイに移住!とかでもおもしろかったかもと思ったり。

正直なところ、以前の小川さん作品のほうが好みではあります。
スポンサーサイト



ドクターの恋 
 ドクターの恋

ここのところ、読んでも「う~ん」な評価が多かった小川さんですが、今回は面白かったです。設定がまず好み。仕事のできる男同士ってところがポイント高し。

受けがいじいじし過ぎって気もしますが、攻めもダメだよね。心の扉が開いた気がするなら、どーんとぶつかって自分の気持ち伝えなきゃ。そこらへんがアメリカ帰りのスマートさでミスったかな、と。まぁでも受けがもうちょっと素直に自分が出せるタイプなら拗れなかったカップルでしょうね。気持ちが伝わってからの2人は「あのときのあの騒動とうじうじしたのはどこいったの?」という状態ですから。

個人的には、街子さんの絵がちょっと違うな~と思いました。攻めが30代後半には見えない……。

ところで、いつか岡野兄弟の話でるんですかね?もやもやした書き方が非常に気になります。 
真夜中の睡蓮 
 真夜中の睡蓮

ふむ。これ本当に小川さん作品?
噂にある別名義なら納得かも(別名義作品はそんなに読んでないのでよくわかりませんが)。少なくとも今まで読んだ小川作品とは別物という印象。

まぁ今まで読んだ中で言うと『雨がやんだら』に近いかなぁ。ま、設定が麻薬絡みという時点で「今までと違う!」という感じですねぇ。違和感がそう感じさせるのか、文章の運びもなんか読みにくかったです。冷静に考えると文章は今までとそう変わらないんでしょうけどね。

個人的にいえば、この話は苦手でした。それは「小川いら」を期待して読んでたからですね。ただ、これはシリーズ化とかしたらもっと面白くなるのかな?仲神との仲も巻が進むにつれ親密になりそうだしー。ていうか小林たちが無駄に絡んできていい感じに話が転ぶかもね?
盃、いただきました 
 盃、いただきました

澪は『獅子座の男』シリーズのバンビを思い出させる子ですね。なんか文章全体の澪の心のツッコミがそんな雰囲気。

嫌いじゃないんですが、なにせメインのカップルの存在感が薄すぎて(特に攻めの高原)。いい男のはずなのに「いい人」にしか思えなかったです。これはやはり兄たちの存在感がありすぎる&キャラが濃すぎるせいですね。脇が目立ちすぎるのはシリーズ1作目としては如何なものか。個人的には優兄さんカプに期待してます。長兄&三男にはあまり萌えそうもない予感。
雨がやんだら 
 雨がやんだら

積読のまま2年近く経った本を引っ張り出してきました。

妻子ある男との恋愛なんて時間の無駄とか個人的には思ってますが、好きになったもんはしょーがないのよね。でも今回の男は優しそうにみえてずるいよ。別れ際がダメだよ。思い出の水族館に子供つれてきちゃイカンだろう!

そんな辛い恋愛をしてきた郁を癒す漢方薬剤師・雑賀。今漢方に興味津々なので漢方の薬剤師ってところに惹かれました(わたしが)。妙に地味なのに人を癒すってところがよくないですか?優しくて時々強引。郁もそういう雑賀に段々と惹かれていくんですが、こういう雑賀みたいな人は女性にとっても理想ですよねぇ。郁の押さえつけた気持ち(ゲイであるからという卑屈さみたいなの)が雑賀といることで開放されるといいなと思いました。


小川いらさんは何冊か読んでますが、一定の評価がし難い作家さんですね。どこか作品の空気感は同じものが流れてる気はしますが。
フェイス・オフ 
 フェイス・オフ

おもしろくない訳じゃないけど、めちゃくちゃおもしろいという訳でもなく。微妙とはちょっと違うけど、、、う~ん。やっぱり微妙?

篤大がとにかく大型犬。わんこというよりワンコロって感じで。でもその一途さに倖弥もほだされたんだよね。身体だけじゃなく素直に自分自身をさらけ出せる相手がいるっていうのは大事なことだものね。

しかしこれは新書じゃなくて文庫でも良かったんじゃなかろうか。
太陽を抱く男 
 太陽を抱く男

獅子座の男』の続編。相変わらずレオに振り回されるバンビ。

自分では少し成長したつもりでも、瀧元にころっとだまされるバンビ。そりゃレオも心配で手元に置いときたいよね~。レオもなにやらかわいく思えてくるから不思議。

バンビのひとり決意とか読んでておかしくて「こりゃコメディーだよな」と思ってました。でも一方で「レオ×瀧元」が浮かんでしょうがなかった。瀧元はあれですよ、遠野さんの情熱シリーズの宗親。

しかしこれはスルメ小説だね。変な味わいとクセになる魅力がある。
獅子座の男 
獅子座の男
獅子座の男

トジツキさん挿絵って初めてかも。ていうか、ずっと「トラツギハジメ」さんだと思ってました……。今回あとがきをまじまじと読んで「トジツキさんだったのか!」とビックリ。

more... »

好きと言えなくて 
好きと言えなくて
好きと言えなくて

more... »

恋心 
恋心
4775501119小川 いら


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



小川いらさんを読みたいなーと思って買ったら挿絵が今市子さんでラッキーでした<今さん大好き

more... »