FC2ブログ
大型犬のしつけ方 
 大型犬のしつけ方

うーーん。うーーーん。
麻生さんのリーマンものだから地味ながらも好き設定なんです。しっかりと仕事をする受けも描かれてるし熱い受けもいいしなー。

でも、攻めがどうやって仕事取ってるのか(談合する姿はわかったけど)、どうして受けを好きになったのかが伝わってこなかった。受けを段々好きになったんだろうと推測はできるんだけど。しかも談合事件のそのあとのことがまったく触れられてもいないし、攻めの気持ちとかも全然描写がなくて「え?あれはどこいったん?」と消化不良。事件は起こしたら何らかの形で解決させないとね。

仕事と恋愛の描き方のバランスがうまく取れてない一冊だったかな。
スポンサーサイト



可愛い男 
 可愛い男

『DEADSHOT』だ『FRESH&BLOOD』だとみなさんが盛り上がってるのを指をくわえつつ、ちょっと前の作品を。
麻生さんの『姉貴の恋人』がわたし的に全くダメだったので、ちゃんとした麻生さんが読みたい!と思って購入。麻生さんの作品って地味ですよね(笑)まぁその地味さが良さなんですけども。

一言で言えば、「初めて物語」かな。まず身体の関係が出来て段々と相手を好きになっていく。しかもはじめての相手でかっこいいわ、仕事は出来るわ、でそりゃ惚れないわけがない。ということで奈良が菅野を好きになるのはよくわかるんですが、菅野の気持ちがいまひとつ読めず。そこだけ消化不良だったかな。それ以外は、概ね地味ながらも面白かったかと。こういうの読むとつくづく「リーマンもの好きだなぁ」と再確認させられます。
あなたに落ちていく 
 あなたに落ちていく

麻生さんの作品は派手さがなくて落ち着いて読めます。やさしい雰囲気に包まれてる感じで安心できる。

バイである攻めがちょっとずるいんだけど、それでも段々と受けに惹かれてどうしようもなくなってるくせに足掻いてる様がわかるから許せる。最後はちゃんと「好きだ」って言って受けのところに来るしね。

『この腕の中に』は本編と時間軸が同じで攻め視点なんですが、これは本編のその後で攻め視点のほうが良かったかなあと思います。なんとなく出来上がったカップルのその後を読むのが好きだし、どうせ攻め視点なら違う時間軸が読みたいから。でも満足のいく1冊でした。