FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深海魚は愛を歌う 
深海魚は愛を歌う (白泉社花丸文庫BLACK)深海魚は愛を歌う (白泉社花丸文庫BLACK)
(2009/05/20)
久万谷 淳



買おうかどうしようか迷いに迷ってやっと購入。
迷った理由は表紙絵。女装かー……と思って躊躇っていたんだけど、これはこの表紙絵で損をしている!と思いました。別に女装がメインのお話じゃないし。

前作よりも巧くなっている印象。周囲の人たちの描写も分かりやすかったし、真っ直ぐな作風は変わらないかな。途中、びっくりする展開もありましたが、やはりちょっと甘いかなぁストーリー展開が。大団円といえばそうだけど、都合のいい終わり方ともいえる。だからといって、おもしろくなかったわけじゃないんだけどねぇ。

そういえば、最初表紙とあらすじを見たときに「この坊ちゃんが受け?」と思ってたんだった。攻めが女装だったらおもしろかったかも~(どっかでそんな話読んだな)。ま、受けは潔い性格で男らしかったけど。

ていうかそもそも花丸ブラックで出す意味が一番わからなかったかも。こういう特に毒のない素直な作風の人は普通のレーベルで出したらいいんじゃないかなっ。
スポンサーサイト
便利屋には愛がある 
 便利屋には愛がある

こちらも病院のベッドの上で読みました。さらっと読めて病気の時には心地よい薬になりました(BL読んでる時点でどうなんだという話はおいといて)。

新人さんなんですよね。それにしては巧かった。同時に新人さんらしいフレッシュさというか真っ直ぐさを感じましたねぇ。

便利屋って結構おもしろい職業だと思うんだよね。BLとかで描くと実にいろんな話が出来上がるような気がするので、これはそのキャラだけで楽しめました。しかしこの攻めって愛があるっていうより我慢強いだけではないか?という疑問もちょっと(笑)。続編書いて、何とかイかせてあげないと気の毒すぎますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。