FC2ブログ
幾千の夜 第一夜 
幾千の夜 第一夜 (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 33)幾千の夜 第一夜 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 33)
(2009/11/02)
木下 けい子



大好きな木下さんの2冊同時刊行のうちの1冊。

すっげーーー良かったです。
まだ1巻だけど、これからどう転ぶかわからんけど、それでもこの1冊はまるまる素敵だったと思います。

とにかくもどかしいんですよね。哲弥の恋心も、宙の一途さも、すべてがかみ合ってなくて、読んでるこちらがジタバタする。こっちがジタバタしたってどうしようもないのに、でも「続き出るのいつですかーー!」と編集部に電話したくなる(しませんけど)くらいじれったい。

当て馬な奴も哲弥の彼女も今後登場しそうですねぇ。最後まで辿り着くのは(わたしたちが読めるのは)いつでしょうか。できるだけ早くお願いしたい。切ない木下作品は最強ですよ。
スポンサーサイト



わが愛しのドクター 
わが愛しのドクター (キャラコミックス)わが愛しのドクター (キャラコミックス)
(2009/06/25)
木下 けい子



意外や、木下さんの初Charaコミックスだそうです。テイストはすっごく合ってる気がしたから意外でした。

ドクターって医者じゃなくて博士のほうなんですね。実際読むまで勘違いしてました(作家買いなので粗筋は読まない)。30過ぎてるとは思えない可愛らしいドクター。しかし3日同じパンツを履いても平気なボンヤリさんでした~。一ノ瀬くんがいないと人間じゃなくなってるね!

クラウスが非常にいい味だしてまして、彼にはこれからも2人を見守って欲しいと思います。でも一ノ瀬くんが想いを遂げるのはいったいいつのことやら……。ドクターのお世話をしてなんとなく報われてない彼が不憫……(笑)。

朝チュンすらない健全な漫画でしたが、実に癒し効果がある作品です。しかしこれをBLといっていいのかどうか、判断に迷うところですね。
巡り合うよベイビィ 
 巡り合うよベイビィ

トキメキでドキドキして初恋できらきらしてる。
そんな初々しい恋が詰まってるなぁ。

こういう初々しくてかわいらしい恋を描かせたら、木下さんは絶品ですね。
都合のいい男っていうのもそれはそれで可愛いですけど(わんこ攻めっぽくて)、やはりちゃんと向き合って恋愛しなくちゃねー。空也も健気だし、親思いのいい子。恋をしてもっと可愛くなっていく高校生は木下さんしか描けない!と思います(たぶん)。

卒業までちゃんと待ったのもえらい!木下さんの朝チュンシーン(もろに描いてるシーンは少ないよね)見ると、こちらまで初々しい気持ちになれます。
君によりにし 
 君によりにし

古風っちゃー古風なお話ですよね。
木下さんのお話はきゅーんとくるくらい好きなものがある割りに、いまいちピンとこないのも半分くらいあるんだよねぇ。でもとにかく絵が好みなので買ってしまいます(そして保存版)。

表題作は、会話が少ない2人が目と体と表情で恋をしてるみたいな雰囲気。エロシーンがすくない代わりに、木下作品は表情で語る。

話としては、もうひとつの同級生同士のストーリーのほうが好みだったかな。弱いんですよね、同級生同士で別れて再会してっていう設定に。

ただ、全体的にストーリーがわかりにくかった感がありますね。もうちょっとぎゅっとまとまってて欲しかったかな。
キスブルー 
 
キスブルー   キスブルー(2)

2006年のコミックス2位に挙げておきながら感想書いてなかったです。好きすぎると感想書けないんで珍しいことではないですが、2巻出た記念に感想書いておくかーと。

でも「好きなんだよね~」以外あまり言うことがないですけど(笑)
木下さんの絵は実に好みでして、挿絵にしてもイヤということがないのでね。ストーリーもこの作品は特に「ぐわーーーー(悶)」と心の中で言いながらニヤニヤしてるだけだなぁ。なんか青春!なんですねー。あの年代特有の甘酸っぱさを感じさせます(<おばさん発言)。

付き合いだしてからも急激に変わるって事もない2人ですね。野田は相変わらず下半身がゆるい……。でもそれでもお互いが一番だというのは「本気の浮気なんかしてみろ。今すぐ別れてやる」という友坂の台詞でわかりますね。この台詞いいね。

店長の話は切なさ倍増。きゅうううううううーーん。