FC2ブログ
インヴィジブル・リスク(3) 
インヴィジブルリスク 3 (ダリア文庫)インヴィジブルリスク 3 (ダリア文庫)
(2010/07/13)
崎谷 はるひ



完結編。今の時代に合わせた書き下ろしもあってなかなか満足でした。

中編~短編て感じの構成で、読みやすいんだけど、実はもうちょっと「いつの間にか2人になってたバンドの経緯」がクローズアップされるかと思っていたのですが、そうじゃなかったです。ちょっと肩透かしだったな。まぁアラフォーになってる2人の書き下ろしはおもしろかったですけどね。こうくるかーと思って。

バンド全盛期~下火の現在っていう流れが、自分の経てきた時代と一致していて妙に感慨深い作品でした。といっても、全盛期にバンドに嵌ったわけではない自分なので、あくまで「時代の風」しか感じてませんが、それでもそういう空気が懐かしかったなぁ。
スポンサーサイト



やさしい傷跡 
やさしい傷跡 (幻冬舎ルチル文庫)やさしい傷跡 (幻冬舎ルチル文庫)
(2010/06/15)
崎谷 はるひ



これもわりと初期の崎谷作品ですね。
でもやはり崎谷節でいっぱいですが~。
とはいえ、お布団シーンは少なめだし、読みやすかったです。

でもなんというか、、、今の崎谷さんのほうがやはり「こなれてる」印象。どこがってわけじゃないんだけど、全体の雰囲気?わたし的には今の文章構成のほうが好きかな。お布団シーンはこの作品程度でいいけど(笑)。

そろそろ本当の新作が読みたいなー。
インヴィジブルリスク(1)(2) 
INVISIBLE RISK〈1〉 (ダリア文庫)INVISIBLE RISK〈1〉 (ダリア文庫)
(2010/05/13)
崎谷 はるひ


INVISIBLE RISK〈2〉 (ダリア文庫)INVISIBLE RISK〈2〉 (ダリア文庫)
(2010/06/11)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る


これ、ずっと読んでみたかったけど絶版で手に入らなかったので、新装版になってうれしかったです。

初期の頃の崎谷さんということですが、あちこちにはるひん節炸裂。でもかなーりおとなしめですが。まともにアンアン言ってるのって、2巻の最後のほうだけだもんなー。新鮮。

携帯がない時代だったり、(正直今は流行らない)バンドだったりが出てきて時代を感じますが、わたしはこういう崎谷さんは好きですね。来月の3巻は、いつの間にか2人になっていたバンドの事実(?)とか出てくるようなので、楽しみです。なんか、崎谷さん読んでると「BL読んでるー!」って気分になれるわ(笑)。
不謹慎で甘い残像 
不謹慎で甘い残像 (幻冬舎ルチル文庫)不謹慎で甘い残像 (幻冬舎ルチル文庫)
(2010/02/16)
崎谷 はるひ



シリーズ3冊目。正直3冊もでるとは思ってなかった。

だって甘々のバカップルなんだもーん。

いろいろあっても、前の2冊で重いところは乗り切ってますからね。今回は2人の幸せを見せ付ける1冊だと思いました。お布団シーンはさほどなかったような気がするんですが(崎谷作品比)、でもイチャイチャしててふわふわした印象の残るストーリーだったかな。まぁ女性2人の存在感がすごくて余計そう思えたのかも。

全体的に説教くさくもなく重くもなくエロに偏ることもなく、実にバランスのいい作品だったんじゃないかな~。スパッとシリーズ完結にしたところもいいと思います。
不埒なスペクトル 
不埒なスペクトル (ダリア文庫)不埒なスペクトル (ダリア文庫)
(2009/12/12)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る


不埒なモンタージュ』のスピンアウト作品(このスピンアウトとスピンオフの違いがいまいちわからないんだが。崎谷さんはスピンアウトのほうをよく使うな~)。

前回の感想で「あの兄をほもにしたらおもしろそう」って書いてましたけど、本当になってしまうとは!ていうか、正直内容忘れてたけどねw

でも断然こちらのほうがおもしろかったですよ。堅物が自覚なしに恋に落ちるさまがおかしいし、当たり前のこと言っていても笑える。最初があり得ない設定なんだけど、それでもそのあり得なさを逆手に取ったストーリーとキャラだったし。

前回もそうでしたが、最後のタカツキさんの絵がおもしろいです。
やすらかな夜のための寓話 
やすらかな夜のための寓話 (幻冬舎ルチル文庫)やすらかな夜のための寓話 (幻冬舎ルチル文庫)
(2009/12/15)
崎谷 はるひ



慈映×臣シリーズの短編集(というか中編集?)。
同人誌からがほとんどなので、わたしが読んだことあるのはひとつだけでした。

うーん。やはりこのシリーズは濃いなぁ。
今の崎谷さんならお布団シーンはもう少しページ数少なそうだしね。

でもこの2人はこれくらいじゃないとおもしろくない!と思うのです。
これでもかーーと臣を甘やかす慈映の図がなければ、このシリーズ自体成立しないかも。

付き合い始めて2年くらいから6年以上経った2人まで、このカップルの成長を補完するような1冊だと思いました。めちゃくちゃ甘々でベッタベタのストーリーでも、この2人なら許せるんだよな~。
ささやくように触れて 
ささやくように触れて (幻冬舎ルチル文庫)ささやくように触れて (幻冬舎ルチル文庫)
(2009/11/17)
崎谷 はるひ



崎谷さんの初期作品らしい。
根本は崎谷さんなんだけど、印象が全然違う。

最近の崎谷作品は、初めての受けでもお○ん○んとか言っちゃったりするけど、この受けちゃんはそんなこと言いませんよ~。潔いけど、淫乱すぎず。なんか新鮮だわー。

そして攻めがものすっごいヘタレで後ろ向き。これも珍しいタイプの攻めですねぇ。まぁストーリーはありがちですが、すべてがいろいろ新鮮で楽しかった。

あまり手直ししないのもいいんじゃないかな、と思いましたよ。
ただ青くひかる音 / 波光より、はるか 
ただ青くひかる音 (角川ルビー文庫)ただ青くひかる音 (角川ルビー文庫)
(2009/11/02)
崎谷 はるひ


波光より、はるか (角川ルビー文庫)波光より、はるか (角川ルビー文庫)
(2009/11/02)
崎谷 はるひ



めちゃくちゃ久しぶりのブルーサウンドシリーズ!大好きなシリーズなので楽しみにしてました。たとえ短編集でも。ま、大好きなシリーズなので再収録分はすべて読んだことありますけどね。でも手元に保存しておけるってことが重要なので、2冊いっぺんでも大歓迎。

そしてなんといっても、嘉悦さんですよ!わたしの中でのベストオブ攻め。このカプが読みたいがためにシリーズを買い続けているといっても過言ではないのです。

今回の短編集は全カプがもれなく登場していますが、個人的には書下ろしが山下×一葡でちょっと残念だったり。あんまり思い入れのないカプなのでねぇ。嘉悦×藤木がダントツで一番ですが、次は和樹×笙惟カプです。まぁこれが載ってただけでも買った甲斐があるってもんですね。

ただですね、全プレのを再掲載するのはどうなのかな~と思ったりします。あの当時、お金払ってるじゃないですか(たしか)。WEB掲載作とか同人誌からとかならわかりますけど(同人誌もお金払ってるって意味では同じか?)。まぁこれは別に今回だけに限ったことじゃないですし、実際当時読めなくてやっと読めたという再掲載の恩恵も受けてる身ですからいろいろ言えないですがね。


さて、西麻布編の新作もそろそろ読みたいもんですね。おそらく江上さんあたりでしょうけども。
くちびるに蝶の骨~バタフライ・ルージュ 
くちびるに蝶の骨―バタフライ・ルージュ (ダリア文庫)くちびるに蝶の骨―バタフライ・ルージュ (ダリア文庫)
(2009/10/13)
崎谷 はるひ



濃厚かつしつこいという崎谷節の本領発揮です。

身体だけで繋がってる(と思っている)千晶がもうちょっと早く気持ちを正直に話していたら、ここまで拗れなかった……という結論だったように思うのですが、そりゃ違うだろと根本的なところで突っ込んでしまいました。いや、だって将嗣の行動に気持ちが伴ってるとはとても思えませんし。「ホストだから」「仕事だから」では済まんでしょう~。またこれが絶倫なもんだから余計拗れたとしか思えません。

なんというか、全体的に無理矢理感たっぷりだな~という感想しかでてきません。漫画読んでたら印象変わったのかしら?(実は冬乃さんの絵は苦手……)

崎谷さんのお布団シーンを楽しみたい人向けかな、と思いました。別にわたしだって嫌いではないけど、今回のはちょっと違ったかな。
心臓がふかく爆ぜている 
心臓がふかく爆ぜている (幻冬舎ルチル文庫)心臓がふかく爆ぜている (幻冬舎ルチル文庫)
(2009/10/15)
崎谷 はるひ



崎谷さんの久しぶりの書き下ろしだそうですね。
おもしろかった。
わたしはこういう話は好きです。うっかり泣いちゃったりして。

しかしいつもながら厚い本ですよね。ロハスとかリラクゼーションとかの説明をいれちゃうから長くなるんだと思うんだけど(崎谷さんは大体そうだよね)、今回は「ロハス」って言葉の勉強にもなりました。「説教くさい、、、」と思いながら読んじゃうのは、キャラクターとストーリーにそういった背景を絡めるのがうまいからでしょうね~と今回実感しました。

お布団シーンもさほどしつこくなかったですしね。地味に見えて淫乱っつーのはお約束ですね、はるひん本の。こちらも覚悟して読むので、しつこく思えなかったのかもですが(笑)。

とりあえず、なんか続きが読みたかったりします。でもきっと続編のお約束がいっぱい出てくるんだろうなーということもなんとなくわかります(それでもいいの!)。