FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情熱まで遠すぎる 
情熱まで遠すぎる (幻冬舎ルチル文庫)情熱まで遠すぎる (幻冬舎ルチル文庫)
(2010/02/16)
桜木 知沙子



めちゃくちゃお久しぶりの桜木さんです。
読みながら「そうそう、北海道だったー」と懐かしささえ感じましたよ。

さて、あらすじから当然「年上攻め」と思っていたのですが、、、
読みながら「あれ?」と思うところがあり(晴くんの背が高いとか)。


そしたらまさかの年下攻め!でしたわ。
びっくりーの予想外。

でも年の差がありすぎるのか「かわいい」と思うのは受けばかりなのです。年下くんはどこまでも謙虚。うーん、新鮮。

やっぱり桜木さんはやはりどことなく地に足の着いた話が落ち着きます。
スポンサーサイト
70%の幸福 
 70%の幸福

桜木さんお久しぶり。『双子スピリッツ』以来かな?<あ、違った。『ひそやかに恋は』もあった

全体に流れる雰囲気が『HEAVEN』に似てる気がしました。なんかこの受けのうじうじさ加減が(『HEAVEN』のほうがかなりましか)。

1人で思い込んで誤解して落ち込む……そして誤解でした、という実にわかりやすいパターンなんですが、それでこの本の半分くらいのスペース使ってるよなぁ。ここまで言葉を曲解されると御木本も脱力。読者も脱力。しかもなんで奥さんに会いに行った挙句「家に戻ってください」って。なんか違うだろー!

特別おもしろくなかったわけじゃないんだけども、なんかしっくりこないストーリーでしたね。創のかわいさがこの話の救いかもしれない。
ひそやかに恋は 
 ひそやかに恋は

桜木さん久しぶりだ~。
桜木さんらしく、地味ながらも高校生の気持ちが丁寧に綴られていた。

が、涼哉にイマイチ感情移入が出来ず。柊の位置も中途半端。好きだったならもうちょっと早くどうにかしといたほうが良かったんじゃ……?と思いました。岡嶋も昔から実は好きだったんだー!と気付くのは分かるとしてあまりにも唐突だった。

んー消化不良。
双子スピリッツ 
双子スピリッツ
双子スピリッツ

意外や(?)おもしろかった。

more... »

ストロベリーハウスフォーエバー 
ストロベリーハウスフォーエバー

『雨の上がる場所』の前編(?)弟のお話。

more... »

雨の上がる場所 
雨の上がる場所
雨の上がる場所

more... »

HEAVEN 
Heaven
Heaven


桜木さん初体験。

more... »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。