FC2ブログ
茅島氏の優雅な生活(3) 
 茅島氏の優雅な生活(3)

とうとう茅島さまの恋するお相手の名前が出てきませんでした。これで3巻持つってある意味すげーと感心しました。

この巻でも長編はなくて、小編~中編という構成。読みやすいといえばそうだけど、内容的に同人誌だなぁと思う部分も多々あり。特に聖司が出てくるものは浮いてる感さえありましたね。それと2巻で東原さんがでてきたように、今作の最後にも金曜紳士倶楽部の面々が登場しますが、読んでいないわたしにはちんぷんかんぷん。「同人誌だからできる」的要素がたくさん詰め込まれたシリーズでした。

とはいえ、もちろんおもしろく読みましたよ。「彼」が茅島氏が心変わりをしたんじゃないかと思い悩むシーンでうっかり涙ぐんでしまったり。自分でも「おいおい。これで涙ぐむってどうよ?!」と驚いた。名前なんてなくても感情移入ってできるんだねぇ。

遠野さんって「巧い」印象のない作家さんだったけど、このシリーズ読んでちょっと見方がかわったかも。そして日高ショーコさんの絵は今回も美麗でした。
スポンサーサイト



茅島氏の優雅な生活(2) 
茅島氏の優雅な生活(2)

やはり今回も「彼」の名前が出てきません。これで話が持つんだからおもしろいよね。周りの人たちの話から、どんどん茅島氏におぼれて行ってる様がわかって楽しい。もちろん茅島氏も少しずつ人間らしい感情が表に出て来てます。かわいいかも(笑)。

そして今巻は短編集のような構成で、読みやすかった。登場人物の性格からするとこういう構成だからこそ読みやすかったのかもしれないなぁ。

とりあえずこのシリーズ、日高ショーコさんの挿絵がとっても好きなんですが。いやーもう堪らんです。

あ、東原さん登場ですね!なんか最後の最後でここが一番萌えたー。
茅島氏の優雅な生活(1) 
 茅島氏の優雅な生活(1)

タイトルだけは耳にしていた作品。でも内容は全くわからなかったので、今回新装版になったので読んでみました。日高ショーコさんが挿絵なのはうれしい誤算。

実に遠野さんらしい作品でした。そして遠野さんらしいさがとっても生かされてるお話ですね。遠野さんって、現代ものを書くとどうしても突っ込み満載になってしまうんですが(わたし的にね。言葉遣いも妙に金持ちばかりでてくるところも)、これは逆にそこが持ち味というか、そのぶっ飛んだ設定がおもしろかったです。こういう遠野さんなら大歓迎だなぁ。

萱島氏の恋人が「彼」「俺」でしか表現されておらず、苗字すら出てこないのも新鮮。こんな設定なら遠野さんが生きるんだ!と目から鱗。

ふわふわと雲の上の生き物たちのお話を読んでる感覚ですね。ただ聖司という存在に俗っぽさが感じられて違和感。この人だけは、わたしの苦手な遠野さんを感じちゃったんですねぇ。続きにもでてくるんですね。ここだけ現実に返っちゃいそうだ。
さやかな絆-花信風- 
 さやかな絆

第二部が出るって知ったとき「ついに東原さんと貴史がメイン?!」と期待しちゃったんだけど、遥さんと佳人がメインなのね。いや、情熱シリーズはこの2人が主役ですけどね。でもこれ以上、2人に何の波乱が?と疑問にも思っていたわけです。

そしたら、この作品は今までわからなかった過去に決着をつける回だったんですね。両親の死の真相、お墓参りもできたしとりあえずの大団円。でもまだまだ波乱があるそうですねぇ(あとがきより)。もう毎日がラブラブなんだからもういいじゃーん!と思うんですよ?ここらで東原と貴史メインでどうですか?遠野さん!

しかしこの作品も実に突っ込み甲斐のある作品です。遠野さんらしいといえばそうなんですけどねー。でも遥さんラブなんですよ!でもそれ以上に東原&貴史のカプに萌えます!
華麗なるフライト 
華麗なるフライト

セレブな人しか出てこない(印象のある)遠野作品なので、実のところちょっと敬遠気味なんですが、これは別。なぜなら、パイロットが出てくるからです!

飛行機いいね!飛行機の離発着は最高に楽しいですね!

そんな感じで、そのシーンだけを楽しみに読みました。文章合わなくても(え?)、萌えシチュエーションで十分満腹でした。

ただ、もうちょっと話を膨らませて欲しかったなーと思います。厚さも薄いですしね。なので、後書きでちらっと書かれてる天才パイロットの話、楽しみにしてます。
情熱シリーズ&艶悪 
ひそやかな情熱
情熱のゆくえ
情熱の飛沫
情熱の結晶
艶(いろの)悪

ふたりに翻弄され続け、やっと読み終わりましたー!

more... »