FC2ブログ
R134 
R134 (SHY NOVELS 231)R134 (SHY NOVELS 231)
(2009/09/26)
橘 紅緒



お久しぶりの橘さん!
あー久しぶりだな、この世界観。

やはりいつも通り、人間関係の把握が大変。余計な説明一切無しだもの。でも一貫してるからブレを感じないし、逆に読者が必死に読み取ろうとしてしまうのですね。これが橘さんの特徴であり、同時にちょっと欠点でもあるかな。魅力と同時の紙一重。

前作『唇でこわされる』で少し湿度が上がったかと思った作風ですが、今回は下がった感じ?執着度は上がってる印象ですが、なんだかさらっとした手触りだと思いました。夜になると濃度と密度が増す関係はBLでも当たり前に見かけますが、橘さんの場合はどちらも増しているのに濃厚な気配を感じないというか。いや、でもわたしはそこに惚れこんでるわけですが!

しかしニーナが男で由宇が女という設定にはびっくりしました。由宇って女の子なのか……そりゃ嫉妬もするよな、と。

とりあえず、橘作品は感想にするのが難しいね!
スポンサーサイト



セブンデイズ FRIDAY-SUNDAY 
 セブンデイズ(FridayーSunday)

待ち遠しかったです。長かったよー。3年かかかって、漫画の中ではたった1週間。

3年間ずっとこの温度を保っていくのは難しい。でもこのコンビはいいですね。宝井さんは原作者・橘さんの空気感をとっても上手に漫画にしていると思います。

最初は湿度の低い感じがあったんですが、今巻はちょっとずつ2人が惹かれていくもどかしい想いで萌えました。こっちまで照れる感覚が青春だわーと思いました。その青春も橘さん仕様なんですけど、そこがこの作品のいいところだな、と。

橘さんにノベライズ化してほしいなー。絶対おもしろいと思うんだけど。
唇で壊される。 
唇で壊される。

延期に延期を重ねた作品。お待ちしてましたー!

さて相変わらず湿度も温度も低いんですが。低いんだけど高いよ?どうした橘さん!と思いました。他の作家さんの温度からするとものっすごく低いんだけどね。前作(といってもあとから出る予定だった作品だろうけど)『つまさきにくちづけを』もちょっと温度上がってるなぁと感じたのですが、今回は温度ばかりか湿度も上がってる印象。

今作は唇がキーワード。そこをエロ過ぎずかつストイックなエロさをうまく出してますよね。奈良絵もポイントではありますが。まぁ背景描写を極力排除してるのはいつも通りだし、そこが彼女の魅力だと思うのです。うん、そこが淡々としていてわたし好み。背景描写は書くならちゃんと書いて欲しいのですよねー。作者1人が納得してる描き方は読んでいてお尻がムズムズします。書かないならば橘さんくらいきっちり排除して欲しい。

しかし橘さんはやはり若者を描くのがピッタリきますね。若者言葉(という時点で年寄りじみてる……)が生きますもん。
つまさきにくちづけを 
 つまさきにくちづけを

あらすじも知らずに作家買い。
でも個人的に大好きなバレエ(ダンス)の世界だったのでウキウキしながら読みましたよ。

相変わらず湿度の低い文章。かつてはスターダンサーとか実はサラブレッドとか、そういう背景に対する詳しい描写が出てこないのも相変わらず。でも以前と比べると少し「読者を置いてけぼり」というのが減ったかなと思いました。温度も少し上がってる感じ。

しかしお互いが片想い状態でもどかしい2人でしたねぇ。律(どうしてBLの受けは律って名前が多いのか)よりも攻めのエースの方がツンデレ?元彼も女の子キャラも「あー橘さんぽい」という印象でしたが、そこもやはり以前と比べると少し人間の匂いがしました。なにせ橘さんの書くキャラは人間の体温があまり感じられないのでね(そこがいいんだけど)。

雑音排除の世界観が、逆にぎゅっと凝縮された関係を描き出してる。そこが魅力。そういうところはそのままでいってほしいなあと思います。次は延期になってた作品ですね!
セブンデイズ~MONDAY→THURSDAY 
セブンデイズ(MondayーThursday)

カテゴリは橘さんで。連載がスタートしたときから気にはなっていた作品ですが、作画の宝井さんがどんな絵を描くのかわからなかったので手に取ったことはありませんでした。でも今回初めて目にしてみて、今まで読まなかったのを後悔。顔が実に好みでした(特に受け)。

数ページ捲ってすぐに思ったのが「あ、橘さんの空気がする」ってこと。特に会話と女の子のキャラが。ああいう感じですもんね、小説も。橘さんの作品は『朱い熱』とかもそうですが、分類すると執着系なのに温度が低いことが特徴。今回も攻めって執着まではいかないけど他の人が書いたらたぶんもうちょっとねちっこい気がするんですよねー。でも橘(原作)作品はどこまでも温度と湿度が低そう。でもわたしは執着系が苦手なので、そういう温度の低さに魅力を感じています。

1週間のことを3年かけて描く……先は長いですね。
妓楼の戀水 
 妓楼の戀水

うをーーーー!
どうしよう。めちゃくちゃ萌えてんですけど…っ!!(笑)

遊郭ものは結構好き(ただし痛くないストーリー限定)。これで節が男娼だったりしたら辛くてしょうがなかったんだけど、そうじゃないし。すべての表現が違和感なくて、ずっぽりと世界観に嵌ってしまいました。遊郭の赤って淫靡ですよね~。

「恋しい人を想って流す涙=戀水」ですよ。この一文だけでも橘さんにやられたーという感じだったんですけどね。はーー。好きすぎてすでに3回は読み返した(嵌ると同じものを何度も読み返すクセがあります)。

リンク作があるらしいんですが……葛城×和志ですか……?!めちゃくちゃ期待して待ってます!
朱い熱 私立櫻丘学園寮 
 朱い熱

ふはー。完結しましたね。

more... »

ラブシック 
  ラブシック

橘さんのSHY以外での初作品。今回も期待を裏切らない出来でした☆

more... »

恋~私立櫻丘学園寮 
恋~私立櫻丘学園寮~
恋~私立櫻丘学園寮~

橘さん最高!SHY最高!ここまでクオリティが落ちないと惚れ惚れします。

more... »

私立櫻丘学園高等寮 
私立櫻丘学園高等寮
私立櫻丘学園高等寮

SHY NOVELSありがとうっ!!!と声を大にして言いたい。この作家さんをデビューさせてくれて発掘してくれて(涙)。

more... »