FC2ブログ
焦燥 
 焦燥

藤代さん3作目。今までで一番良かったです!

個人的に攻めが刑事とか好みです。スーツだけど草臥れてる感じが。攻めの住吉がまさに好みで萌えました。草臥れてる、厄介者、でも事件への嗅覚はすごい。設定だけでご飯3杯いけそう。受けの東宮の抑えた印象も対照的でgood。

ちょっとサスペンス風味なのも面白かった一因。藤代さんの場合、作品を重ねるごとにだんだん良くなってます。前作2作は、どちらも設定よりも文の書き方のほうが気になってしまったのですが、今回は気になりませんでした。

ただ今までも気になった人物一人一人の描写がちょっと薄い点。東宮とかもうちょっと踏み込んでも良かったような?でもそれも後で振り返れば、という程度なので、やはり「読ませる」勢いは大事です。
スポンサーサイト



スイート・セプテンバー 
 スイート・セプテンバー

デビュー作とは180度違った作品ですね。

でもー。表紙絵の通りやさしい雰囲気の作品ではあるのですが、なんとも中途半端な印象が拭えません。それぞれのエピソードもそうですが、特に従兄。もうちょっと非道な奴のほうがインパクトもあったし、受けの行動に説明が付いたんじゃないか?と。すべての人物描写があっさりしすぎてるから、中途半端になっちゃうんじゃないでしょうかね。

じゃあ読めない作品かというとそうでもない。でも残念ながら印象にも残らないんですよね。デビュー作が奈良さん、今回が水名瀬さん挿絵ってことは期待されてる新人さんだと思うので、がんばっていただきたいなぁと思います。
誘惑 
 誘惑

新人さんですね。うん、新人さんぽい。
センテンスが短く説明過多。その点が途中までものすごく気になりました。1つの文章が短すぎると、その世界観に集中できないよねー。

ただ、人物描写はおもしろかった。受けも攻めもなかなか魅力的に描かれてるんじゃないでしょうか。ま、それ以上に脇の社長が気になってしょうがなかったです!なんか1つ話が妄想できそうな勢いでした、わたし的に。

それと、奈良さんの絵に助けられてる感じはする。奈良さんの絵が変わりつつあっても、やはり奈良絵というのは新人さんにとっては強力な味方ですねぇ。

ひとまず次作に期待しております。