FC2ブログ
傍若無人なラブリー 
 傍若無人なラブリー

GW中に読み終わっていたんですが、やっと今頃感想。
とりあえず愛しの島龍登場にウハウハ。でもユギ版島龍を思い描いていたので一瞬「え?誰これ??」と目が点になりました。出版社も絵師さんも違うのはいいんだけど、やはり島龍はユギさんじゃないとーーーと思いながら読みました(ほとんど登場しないのに)。

ま、それは置いといて。エルシノアはほもだらけですねぇ。エビリティみたいな会社だわ。リンクしてる作品はすべて読んでるので「ほっほー。こことここが繋がるわけね」と頭の中で相関図を思い浮かべてました。リンク作の楽しさはそこらへんにあるのかも。

んで、広矢は恋が実って良かったねーと(笑)。真庭とくっつくとは予想外でしたが。真庭も『映画館で逢いましょう』の時とはちょっとイメージ違う感じがしました(時間が経ってるからね、読んでから)。まぁでもお似合いの2人なのかな。キャラ集合の作品が読んでみたいぜ。もちろん島龍再び!でお願いしたい。
スポンサーサイト



天女の眠る庭 
 天女の眠る庭

あーなんかちょっと前のわたしが苦手だった鳩村さんの感じだ……。
男なのに天女。そんなところに疑問を持ったらBLは読めないのですが、タイトルから突っ込みどころ満載でどうしようかと思いました。でも絵が綺麗だったのー!

ちょっと大人のしっとりした雰囲気ですね。攻めが日本画家というのも影響してるんでしょう。庭の桜の描写とか、目の前に浮かぶようできれいでしたねぇ。『松風の虜』と似たような印象(文章が、ではなく雰囲気が)。だからかなぁ。いまいちだと感じちゃったのは。わたし、あの作品もこれも雰囲気は大好きなのですよ。でもなんか一歩引いて読んでしまうというか。うーん萌えきれなかったな、と。

でも挿絵が華やかな割りには(朝南さんの絵はとってもきれい!)地味ながらしっかりとした文章で、安心して読めました。
美しき厄災 
 美しき厄災

まさかスピンオフ作品とは思わず。
しかも出版社も絵師さんも違うので他の方の感想読んで「え?そうなんだ?!」とびっくりした次第。しかも『映画館で逢いましょう』の感想でわかる通り、メインのカップルにはほとんど思いいれがなかったので、エリーとか采女とか「いたっけ……?」という程度で読み始めました。

でも面白かったですよー。『映画館で逢いましょう』は読んでなくても問題ない(読んでればもっと面白く読めるけど)。エリーの女王様っぷりがいい。采女が自信家なくせに女王様の下僕になってるところも、なんとなく幸せそうでいい。

さて次にほもになるのは誰だ?
秘書の嗜み 
 秘書の嗜み

そんなつもりじゃなかったけど、これってコメディ……?

秘書×上司ってどっちが攻めでもなんかお上品なイメージがあったんだけど、これってそういうのとはちょっと違うね。下品とかいうことではなくて、まず攻めがまったく立場が上っぽくないし。しかも突っ込みどころがたくさん。社長交代って1週間弱でできるもの?親族とはいえヒラからいきなり社長?社長になってもヒラ時代のマンションに住み続けるの?等、まぁいろいろBBNだな~と思うところがありました(偏見?)

誉は『ドアをノックするのは誰?』の頼久そっくり。キャラ設定も会話のおとぼけさも。ここまでかぶると「え~?」っていつもなら思いますが、今は鳩村さんに超寛大(笑)なわたくしですので、全然OKです。ちょっと前まで「あと少し描写が足りない」とか言ってたのにね~。
王様は美男がお好き 
 王様は美男がお好き

おもしろかったー!鳩村さんとコメディ(それもちょっとどっかズレてる人)は相性がいいんですかね。

アウトラインとか造形を気にする攻めと聞いてすぐに、秀香穂里さんの『艶めく指先』を思い出しました。あれも受けの造形に一目惚れしちゃうんですよね。でもあの話とは全然方向性が違いますけど。

太郎がまずズレまくってる。恋愛マニュアル本とか読んじゃうところもおかしー(またそれのタイトルが鳩村さんの著作にでてくるやつ)。真琴が「変なヤツに変な人と言われた!」とショックを受けるところが一番おかしかったです。

鳩村さん、抜け出したと思っていいんでしょうね。これからは要チェックです。
ドアをノックするのは誰? 
 ドアをノックするのは誰?

どうしよう、、鳩村さんの作品がこんなにおもしろいなんて……!(笑)
大真面目なコメディですね。しかも捻りとエスプリの効いた。甲田がしっかり尻に敷かれてる様がおかしくておかしくて。頼久はまさに未亡人ですね。雑誌に甲田目線のショートが載ってるらしいので買わなければ!

今のところ今年のベスト3にランクインしてます(他の2冊が何かはまだ決めてませんけど)。過不足なく大変満足の1冊でした。
追憶のキスを君は奪う 
 追憶のキスを君は奪う


鳩村さん作品を読んでいつも書いてるのは「あと少し描写が物足りない…」ですが、今回は「だからといって書きすぎです……」という感じでしょうか。説明過多になりすぎて(特に穂波の過去とか感情)途中から「もうお腹いっぱいですぅ~~」と満腹感でいっぱいになりました。2人の気持ちとか手に取るように分かるんですが、本とかって読者に想像させる余韻も必要だと思うんですよねぇ。

森江がほもにならないかなーという期待感でいっぱいになる読了後でございました。

こんだけ書いてもきっとまた鳩村さん読んじゃうんだよね。
松風の虜 
 松風の虜

水名瀬さんの描く和服に惹かれて購入。鳩村さんの作品を読むのは久しぶりです。


毎回鳩村さんのを読んで言う感想ですが「あと少し描写が物足りない…」。特に後半部分がちょっと駆け足で端折りすぎかなぁと思いました。ただ今まで読んだ作品の中では一番分かりやすかったです。作者の茶道に対する思い入れの差ってことかな。

和服の受けも好みですが、攻めが和服だと堪りませんね。さらに和服の似合うオヤジはもっと堪りませんね!梅澤が食えないオヤジっぽくて和服が似合ってそうで気になりましたよ(攻めじゃないけどね)。
ラブ、エトセトラ。(1)(2) 
ラブ、エトセトラ。 ラブ、エトセトラ。
ラブ、エトセトラ。(2) ラブ、エトセトラ。(2)

以前から読んでみたいなーと思っていたところ古本屋にて発見。「わ~い♪揃ってるわ」とルンルンで読んでいたら、なんと3巻まであるんですね?!ビックリ。

more... »

映画館で逢いましょう(2) 
映画館で逢いましょう(2)
映画館で逢いましょう(2)



島龍待ってました!!

more... »