FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放水開始!~許可証をください!(6) 
放水開始! ?許可証をください !6 ?  (二見シャレード文庫 う)放水開始! ?許可証をください !6 ? (二見シャレード文庫 う)
(2009/11/24)
烏城 あきら



やっと出た……本当にでた……ううっ(涙)

待ちましたよ。雑誌でルンルンしながら前編を読んだのが既に2年以上前というのに驚きましたが(「ついこの前=数年前」になっていることに驚く今日この頃)。後編が出ずにショックを受け、雑誌が休刊になりさらに衝撃を受け。その頃の烏城さんの日記は後ろ向きで「このまま続きでないんじゃないか」と真剣に不安に陥ってました。もう出てくれただけで感謝!です。

もちろんおもしろかったですよ!
男同士のガチンコラブは健在で、前原は前原らしく、阿久津は阿久津らしく存在してました。
そして、今回は案外工場のオヤジたちが活躍(?)してました。前原よりも存在感があったんじゃ……?

今回はISO問題編の中編って感じなのかな?前原の存在感が微妙に薄かった気がしましたが、後書きによると、次回はちゃんと存在感ありで書くらしいので楽しみにしてますよ。

本当に信じてますから!野望なんていわずに来年続きをお願いします!!
スポンサーサイト
うそつき 
 うそつき

わたし、この手の2組メインの話は大体後のカプに注目がいっちゃうんですよね。今回もまさにそう。

おそらくメインであろう、輝ちゃん&誠には正直まったく心惹かれず……。いやーなんか輝ちゃんに魅力がまったくなかったっつーか。よくわからんまま話がトントントンと進んでっちゃいましたね。

反対に修平&克美には興味津々。こちらは両方の気持ちがよくわかったので感情移入もしやすかったなぁ。どっちかというとこちらの方に力が入っていたような気がしたんですが。。。どうでしょうね?

とりあえず烏城先生にはガテンな話がよく合います。だから許可証シリーズの続きをプリーズ……!
金の鳥の秘密 
 金の鳥の秘密

古本で発見したので読んでみた。
うーん……。めちゃくちゃつまんないわけではないが、おもしろくもない。

孝志の並外れた意地っ張りがこの本のポイントではあるんだけど、「いや、なにもそこまで考えなくても……」という点がいくつかあって、話にのめりこめなかったんですよね。どうしてそういう思考回路になるのかわかんないし。そして元彼・征雄も謎。「あんた、勝手なことしといてその暴言はなに?!」と怒り心頭(わたしが)。この2人の付き合いも訳わかんないよなぁと思った。

それと、絵のイメージが違うのも一因かな。たくましい筈の攻めが昔のままのインテリ雰囲気だったしなぁ。タイトルに「秘密」ってあるから、なんか謎解きものかなと思ってたらそれも違ったし。んー、どうにも消化不良でございました。
檻-おり- 
 

これ、雑誌に載ってたの読んだんですよね。で、それが烏城さんとの出会い。許可証シリーズよりも前に読んだのがこれだったので、許可証シリーズにもなかなか手が伸びなかったという……。それくらいあのシリーズとは間逆のストーリー。一言で言えば耽美。しっとりを通り越してねっとりした空気が漂う1冊でした。

期待してた書下ろしとかはなくて(まぁどう書き下ろすんだという気は確かにしますね)大幅加筆修正でした。んーちょっとやっぱり違ってた、かな?最後まで救いがあったようななかったような、閉塞感たっぷりの雰囲気でして、それがまた今市子さんの挿絵がピタッと嵌ってますねぇ。最後までドロドロとした怨念のような印象のお話でした。好き嫌い分かれるかな。
ただいま定修中!/君にもわかるISO~許可証をください!4&5 
 ただいま定修中!
 君にもわかるISO

5巻の表紙が好き。

more... »

慰安旅行に連れてって!/嵐を呼ぶ台風!?~許可証をください!2&3 
 慰安旅行に連れてって!

 嵐を呼ぶ台風!?


続編もあっという間に読んでしまいました。

more... »

許可証をください! 
 許可証をください!

やっと、やーーっと読みました。まだ1巻だけだけど。

more... »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。