FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
True Love 
 True love

まったく初めて読む作家さんです。ちなみにお名前も存じませんでした。既に書いてない方……??そこらへんはよくわからないのですが、某所で書評を読んで気になったのでいくつか購入。既に新刊では扱ってないので古本ですが、なにせ白泉社なのでなかなか見つからんだろうと諦めていたらわりとあっさりあったので拍子抜け~。

まだコレしか読んでないのではっきりとはわかりませんが、文章が優しいというのが第一印象。なんか全体の空気というのか、そういうのが優しい気がしましたね。別れるとか別の男と一晩限りの関係とか、それなりの修羅場で身を切られるような辛さのはずなのにね。

でも逆に言えば、描写が足りないとも言う。これは同じバーに関係する人たちを主人公にした連作シリーズなのですが、イマイチその関係性がはっきりしない。そこが想像させる余裕であればいいのですが、どうにも作者ひとりだけが納得して書いているような感じだった。表題作の攻めが過去にした辛い経験なんてまーーったく何があったのかわかんないし、周囲の人の会話からそういうことがあったんだとわかるだけ。でもソコ重要だと思うの。受けとの関係を躊躇ったりとかするのってその経験からくるんだろうし、実は友人というピアニストとの関係もソコを話さないとダメなはずなんだけどなー。といろいろ不満も残った作品です。なんかいろいろ惜しい!という感じ。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。