FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュテーム、カフェ・ノワール 
ジュテーム、カフェ・ノワール (Dariaコミックス)ジュテーム、カフェ・ノワール (Dariaコミックス)
(2009/07/22)
ヤマシタ トモコ



辛口です。


うーんと。とりあえず今までのヤマシタ作品の中で一番意味がわかんなかったかも。短編ばかりというのもあるのでしょうが、短すぎるんじゃない?と思わせられるものがほとんどでした。

正直「ラブ」を読みたくてBLを読んでいるし、たまにはLIKEとか友情でもいいんだけど、全部丸ごとラブがない(あったかもしれないけど曖昧だよね)っつーのは悲しいかな。

表題作のバイト2人のやりとりはおもしろくて、でも逆にそこしか印象になかったりします。全体的に「短編」すぎると思いました。ヤマシタさんって長い作品、1冊丸ごと同じ主役っていうの方が分かりやすいんじゃないかな。まぁどこまでいってもCPは逆ですが(笑)。
スポンサーサイト
薔薇の瞳は爆弾 
 薔薇の瞳は爆弾

そろそろ慣れてもいい頃だぞ……とは思うものの、未だにヤマシタさんの世界観に一歩も二歩も遅れを取ってます。

どちらにしろ最初の2編はひじょーーに後味悪いわ(笑)
2度読み返しても、登場人物が絞られてるせいか、いまいちわかりにくいし。
って、すでにヤマシタさんに取り残されてるわたし。

あとの作品は、くすっと笑えたりするものも多いですが、途中で誰が誰だかわかんなくなりましたー。あは。

短編ばかりだとごっちゃになるっつーの。そしてペーパーに至っては見分けすらつかないという……。
恋の話がしたい 
 恋の話がしたい

なんか『イルミナシオン』と感想がおなじような感じになりそうな。

ほんと、ヤマシタさんのカップリングは見た目と逆なんだよねー。最近は、かわいい子をみると「これはヤマシタさん的に攻め」って思ってしまう。ていうかどうしてもあの見た目で「攻め」とは思いたくないっていうかー。「入れるほう」みたいに思わないと「攻める」とは違うよなぁ、、、なんて。

でも、ま。そういうのを除けば、ヤマシタ作品はさすがなのです。恋のドキドキ感をメールやら表情やらで表現するのは「ヤラレタ!」って思う。姪っ子視点とか女子視点の巧さも、やはり「さすが」なのでした。
イルミナシオン 
 イルミナシオン

なんともシンプルな表紙。

短編作品集なんですが、これ、好み分かれそうだなーと。わたしは好きカテゴリに入るし、ヤマシタさんらしい作品の数々と思ったんですが、どうでしょう?

ストーリーよりも気になったのが女子の目がデカ!ってこと。こんな目描いてましたっけ~?すっごい気になりすぎて話うろ覚え。

『タッチ・ミーアゲイン』の感想で書いたんだけど、どうもヤマシタさんとわたしの好みのカプは逆なんだよねー。特に見た目の。だからって面白さがなくなるわけじゃないけど、一緒ならもっと面白いだろうな~と思います。
恋の心に黒い羽 
 恋の心に黒い羽

カップリングはそんなに変化球でも逆でもなかったけど、歯の話とかはちょっと異色に感じた。個人的には『ベイビー、ハートに釘』と『イッツマイチョコレート!』が好きですねぇ。姉ちゃん視点だったり、大家族ものだったりしてBLとしては変わってますが、そこが魅力といいますか。

そう、ヤマシタさんは表情(を描くの)が上手いんだと思います。『ベイビー、ハートに釘』も弟の表情も良かったけど、足田くんのちょっと後悔した表情がなんともいえない良さでした。

ヤマシタさんは今月2冊目ですが、こっちの方が好きだったかな。『くいもの処明楽』といい、マーブルコミックスのほうが合ってるのかもしれない。
タッチ・ミー・アゲイン 
 タッチ・ミー・アゲイン

『くいもの処明楽』が非常にツボで、CDも楽しかったので、期待大で臨みました。

いやー驚いた。
ことごとくカップリングが逆でビックリした。
明楽のときは全然思わなかったんだけどねぇ。今回は、ほんとに真逆でしたよ。

ま、『Candied Lemon Peel』を雑誌で読んだときにちょっとアレ?とは思ったんだけどさ。まさかのオカマ攻めだったし、この作品だけだろうとか思い込もうとしてましたね。完全な逆カプ好みだな、これは。

だからといって面白さに変わりはないのです。無精ひげの男(でも受け)を描かせたらヤマシタさんは絶品だね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。