FC2ブログ
空に自由の鳥は鳴く 
 空に自由の鳥は鳴く

実に感想の書きにくい作品だなぁと思うわけです。李丘さんらしいといえばそうなんだろうけど、なんというか、ふわふわしてる印象で、とらえどころがないといいますか。

設定がまず「日常なんだけど普通っぽくない」んですよね。サーカスにいた、とかヒーローとか。どうしても一歩引いてストーリーを読んでしまいました。

正直、攻めにも受けにもあんまり魅力を感じなかったんですよね~。攻めの幼馴染っていうのも、引っ掻き回すだけ引っ掻き回してるんだけど、毒にもならん存在だったんじゃないかな。もうちょっと、それぞれに感情移入できたらおもしろかったのかもしれませんが、いかんせん中途半端な気がします。クセのない文章は読みやすいけど、今回は逆にそれがだめだった、かな。
スポンサーサイト



この運命を笑え 
 この運命を笑え

別にそんなに真剣にチェックしていた話じゃないのについつい買ってしまいました。まぁ前作の弟編よりは兄カプのほうが好みですが。

さてさて今回は鋭がヤキモチというか颯洵が浮気してるんじゃないか、自分に飽きたんじゃないかと悶々とする話。そして超ビックリ伊沢&津田の話。いやーこの2人でメインカプが吹っ飛んだね。津田って受けなんだ……。颯洵&鋭もそうですけど、きっとわたしと李丘さんの好みは真逆だ。同じものを好きになっても逆カプだろうなぁとしみじみ思いました。

このシリーズってまだ続くんですかね?正直、伊沢&津田に興味津々です。
その純情を暴け 
 その純情を暴け

実は前作がうろ覚えで、自分の感想を読み返して「あぁ~あれあれ!」という感じでした。

あの時も弟の組と兄への執着にイマイチ納得がいかなかったんですが、今回もちょっとよくわかんなかった。まぁ前よりも詳しく書いてあったんだけどね。でも読めば読むほど組長とか向いてない子だなーという印象。藍川もつかみ所がないっちゅーか颯洵よりも怖いんじゃないの~と思いました。

やはりわたしは兄ちゃんカプが好きだ(和服好きともいう)。
この愛を喰らえ 
 この愛を喰らえ

李丘さんの作品を読むのは前回感想書いて以来です。
前回も書いたけど、クセのない文章なので非常に読みやすかった。するするっと最後まで読めちゃいましたね。ただ、弟の亮が10歳にもなってなかった割に異常に組に執着する様に違和感を感じました。いや、まあ組っていうよりお兄ちゃんになんだけど、それでもちょっとわかんなかったかな。それ以外は、概ね満足。男らしい和服受いいね!綺麗な顔の攻×男らしい受っていうのを最近よく読む気がしますが、同じ年同士だと違和感もなくていい感じだ。
くちびるに愛の歌 
くちびるに愛の歌
くちびるに愛の歌

初めて読みました(最近こんなの多いですね)。

more... »