FC2ブログ
憂鬱バタフライ 
『窮鼠はチーズの夢を見る』の続編。

Judy (ジュディ) 2006年 10月号 [雑誌]

本誌についている小冊子『禁恋』に載ってます。

more... »

スポンサーサイト



君が、ひとりで泣く夜に。 
君が、ひとりで泣く夜に。君が、ひとりで泣く夜に。

シリーズ3作目。

more... »

純情アイランド 
純情アイランド純情アイランド

島のBLらしい。分類するならコメディーですね。

more... »

一言感想 
時間がないのと、新刊がなかなか読めないので、一言感想。



駅から5分
絵が苦手なんだけど話はほのぼの。でもでもじーちゃんが最後まで邪魔してたなぁ(笑)

ダッシュ!
絵は好き。話もいいんだけど、どうも中途半端な感じでした。

自己破壊願望
やっぱりその路線かー…。わかっちゃいたけどやっぱり苦手。1作目は奈良さんの絵で乗り切ったけど、やはり攻めの気持ちが分かりにくいですよ。そしてもう少し切なさとか余韻とかが欲しいんだが、、、む、無理?
双子スピリッツ 
双子スピリッツ
双子スピリッツ

意外や(?)おもしろかった。

more... »

前のも残ってるのに 
【古本屋で仕入れ】
・最悪(ひちわゆか)
→見つけた!と嬉しくなりましたよ~
ソルフェージュ
→よしながさんのBLものは実は初めて…か?面白かったです
フラワー・オブ・ライフ(1)フラワー・オブ・ライフ(2)
→やっと手に入れました(古本だけど)。3巻はちゃんと買います。
侠、華の如し
→こちらもやっと古本屋で発見(すんません)。任侠もののはずなのにそこはかとなく漂う軽さがいい(笑)

【新刊】
駅から5分
→こういう絵柄は苦手なんだけど、ストーリーは面白いなぁ
だまって泣いているのです
→何度も手に取りつつ棚に戻していたのをやっと買いました!問答無用でした!
YEBISUセレブリティーズ 3rd
→なんでしょう?この安心感。たぶん水戸黄門を見るときの安心感と同じと思われる
もう二度と離さない
→未読ですが、めちゃくちゃ楽しみにしているのです
小説b-Boy2006年9月号
→なんつっても「SASRA」です。連載終わるまできっと買い続ける
ごめんなさいと言ってみろ 
ごめんなさいと言ってみろ
ごめんなさいと言ってみろ

ここのところ「榎田さんさすが!」と思うことが多いですよ。これもそう。

more... »

うえ~~ 
リブレのサイトに9月発売予定の紺野けい子さんのコミックス発売延期の告知が。えーー。かなーーり前に延期になっててやっと発売!と思ったのに(涙)1~2ヶ月なら待てるけどねぇ……。


新刊の読書スピードが落ちまくってるので、なかなか積読の山が減りません。9月は少し買うの控えようと思ってます。……が、やっぱりある程度の数にはなっちゃうんですよね~~(でも春くらいの購入量に比べればまだまだ)。
普通の男 
普通の男(ひと)
普通の男(ひと)

さすが榎田さん!と唸りました。

more... »

バカな犬ほど可愛くて 
バカな犬ほど可愛くて
バカな犬ほど可愛くて

イラストが……!

more... »

あふれる熱のリミット 
あふれる熱のリミット
あふれる熱のリミット

焦がれる愛のリミット』の続編。

more... »

瞳と声を塞いで 
瞳と声を塞いで
瞳と声を塞いで

シリーズ3冊目。

more... »

渇望の部屋 
渇望の部屋
渇望の部屋

ここのところ1冊の本をダラダラと読むことが多かったのですが、これは久々に一気に読んでしまいました。

more... »

集中力欠如 
暑さのせいか(ということにしておく)読書が進まず。どんどん新刊の山が高くなります。最近の悪いクセで、粗筋読む→パラ読み→置きっぱなしという状態の本が多々あり。しかも2~3冊平行で読んでるから内容が頭に入ってこない(苦笑)。『恋について』の感想がイマイチだったのはきっとそのせいだと思うことにします……。へへへ。


日経エンタの最新号は出版界特集。その中で短いですが、BL作家さんのペンネームについて触れており、五百香さんなどのお名前が。要するに一発では読めないなーという話でした。それ言ったら木原さんなんかもそうですよねぇ。漫画のコラムコーナーには今さんの『百鬼夜行抄』がおすすめとして載っていたりして、最近のBL(作家さん)は堂々と話題にしていいんだーと感心しきり(『百鬼夜行抄』はBLじゃありませんが)。
古都の紫陽花 
古都の紫陽花
古都の紫陽花

古都の紅の続編。

more... »

恋について 
恋について
恋について

木原さんにしてはほのぼの系。

more... »