FC2ブログ
白の彼方へ 
 白の彼方へ

真崎さんの作品は雑誌で読んだことがあるかな~?という感じなので、ほとんど初読みですね。

山岳警備隊!!
設定だけではぁはぁしますね!!
なんかこう……男だらけの世界ってそれだけでたまらんなぁ(笑)

メインの朝陽&塩見の話+塩見の先輩浅田の話+2カップル登場の話と3編収録ですが、無理に3編収録することもなかったのにと思いました。朝陽&塩見の話がメインならもっと掘り下げて欲しかったな~。ちょっとあっさりしすぎな感じがしました。ただ個人的には浅田&間宮カップルが好きです。
スポンサーサイト



メビウスの恋人 
 メビウスの恋人

久しぶりに読んだ火崎さんですが……やっぱりダメだった(^^;
最初から紺野さんの絵目当てではあったんですが、それにしても話に乗れず置いてけぼり状態。絵とストーリーの雰囲気は合っていたと思うんですが。



火崎さんと剛しいらさんって、わたしの中では似た印象があるんですよね。なんか文章が俯瞰的で感情移入できないという点で。まあそれでも好きな話はたまにあるのでチェックはしますけども。
皇帝(カエサル)の婚礼 
 皇帝(カエサル)の婚礼

ひたすらハーレクイン。ハーレクイン以外の何者でもないですね。途中で砂を吐きそうになりながら読みましたよっ。

コンラードもアンリ違いって気付いたんなら途中でどうにかしたらいいのにー。とかなんかいろいろ話にのめり込めませんでした。

佐々さんのイラストはどんどんロリになっていく……。だから子供の頃の絵はとってもかわいいんですけどね。
マイ・フェア・ダンディ 
 マイ・フェア・ダンディ

じわじわと味わいが出てくる作品。
最初、攻めと受けがどっちがどっちかわかならなくて一瞬迷ってしまったし、途中まで話に入り込めなかったんですよ、実は。でも読み終わると、なぜか読み返してしまった。スルメ小説ですね。

渡海さんの作品はそんなに読んでないですが、ハズレはない感じです。これからも要チェック。
Stepbrother 
 Stepbrother

雑誌で読んだときから好きだったんですよね、これ。
榎田さんにしては薄味ですが、ありがちなストーリーに軽妙な会話で味付けして平均以上の作品に仕上げるところはやっぱりさすがです。こういうのは他の人にはちょっと真似できない感じ。女性の存在もさすが榎田さんだよな~という好感度。

それと、当時は国枝さんの絵とはまったく認識してなかったんですけど、挿絵もこの本のポイントだと思います。
夜に咲き誇る 
 夜に咲き誇る

シリーズ最終巻。
2巻がちょっと消化不良だったので(もちろんおもしろかったですけどね)不安だったんですが、おもしろかったです。
久我は相変わらず尻に敷かれてますが、それすら幸せそうで……。秋津はさすがの年上女房ぶりですけど、なんか犬をしつけている様でおかしい。

久我は地位が上がるにつれて人間的にも成長していくタイプ。というか秋津の存在がそうさせてるのか。そうか。やっぱり連れ合い次第で男は成長するのだな。
海野櫂さんからの指名バトン 
BL★Dragonの櫂さんから廻ってきました。
こ、こんな辺境の地に……(感涙)

【指名バトン】
指定者以外は絶対やらないでくださいというバトンです。

ルール
廻してくれた人から貰った【指定】を【】の中に入れて答える事。
  • 最近思う【】

  • こんな【】には感動!!!!

  • 直感的な【】

  • 好きな【】

  • こんな【】は嫌だぁ!

  • この世に【】がなかったら・・・

  • 次に廻す人、6人(【指定】付きで)

  • 指名した人の名前をタイトルにする♪


廻ってきたお題は……【BL】

何気に難しくありません?(笑)

more... »

カフェオレ・トワイライト 
 カフェオレ・トワイライト

木下さんの絵がもうたまらん!!
松前さんの作品は『リンゴが落ちても恋は始まらない』しか読んだことがないのですが、いつもタイトルが印象的で心奪われます。今回はタイトルと木下さんの絵がピッタリで、その世界にぐいぐい惹きこまれました。

真樹(受)の屈折した感情はわかるな~。でも感情表現がうまくないのは父親似でしょうかね。

ほのぼのとした作品で好きだなあ。
1~3月ベスト 
1月から現時点でのマイベストを覚書としてまとめておく。

小説
1.ドアをノックするのは誰?
鳩村さんの代表作と思う。すべてが大満足の内容

2.妓楼の戀水
実は人物描写が薄いんだけど、橘さんの温度の低い文章と筆力で引っ張る世界観はさすがの一言です

3.ビューティフル・サンデー
突っ込みどころはかなりあるんだけど、涙腺刺激されたので。

4.交渉人は黙らない
榎田枠。言葉の選び方、ストーリーの運び方。さすがの一言ですよ。

5.チョコレート密度
崎谷さんはこれくらいの濃度と喘ぎがなくっちゃ!


コミック
1.純情
続きはいつ出るのかな~

2.誰にも愛されない
このシリーズ好きなんです

3.くいもの処明楽
掘り出し物でした
おまえもか…… 
リーフ&雄飛が倒産らしいですね(正確には業務停止か)。←HP更新されてます

ファンクラブの不穏な動きを知ったのが4/3くらいだったかな?その関連記事を読んでて「危ないだろう、これは」と思ってたんですが、早かったですね。

more... »

しじまの夜に浮かぶ月 
 しじまの夜に浮かぶ月

ブルーサウンドシリーズのスピンオフ的お話。キャラ総出演。もちろん嘉悦さんもご出演(出番多し)←相当重要らしい。

崎谷さんの外人さん攻めって初めて…かなぁ。個人的好みから言ってもあまり読まないタイプのキャラです。でもまさに王子さまですな~。朝倉がうらやましいような、それはそれで大変そうな(笑)

朝倉は最初の体験がダメでしたね。元々人付き合いがうまくなかったところにその体験じゃ、いじけるのも無理はないのかな。でもちょっと後ろ向きすぎですけどね。

個人的には嘉悦さんご出演というだけで満足ですが、でも人物に厚みがあるところはやはりさすが崎谷さんなのでした。


小冊子も忘れず応募しなければ。これを逃したら泣くな。
フェイス・オフ 
 フェイス・オフ

おもしろくない訳じゃないけど、めちゃくちゃおもしろいという訳でもなく。微妙とはちょっと違うけど、、、う~ん。やっぱり微妙?

篤大がとにかく大型犬。わんこというよりワンコロって感じで。でもその一途さに倖弥もほだされたんだよね。身体だけじゃなく素直に自分自身をさらけ出せる相手がいるっていうのは大事なことだものね。

しかしこれは新書じゃなくて文庫でも良かったんじゃなかろうか。
ドアをノックするのは誰? 
 ドアをノックするのは誰?

どうしよう、、鳩村さんの作品がこんなにおもしろいなんて……!(笑)
大真面目なコメディですね。しかも捻りとエスプリの効いた。甲田がしっかり尻に敷かれてる様がおかしくておかしくて。頼久はまさに未亡人ですね。雑誌に甲田目線のショートが載ってるらしいので買わなければ!

今のところ今年のベスト3にランクインしてます(他の2冊が何かはまだ決めてませんけど)。過不足なく大変満足の1冊でした。
いとしさを追いかける 
 いとしさを追いかける

初めて読む作家さん。寡作なんですね?これはいくつかのブログさんでおすすめされていたので買ってみました。

掛井が優しすぎる~。どこかに裏があるんじゃないかと最後のあたりまで疑ってましたが、本当に優しい&杜国が好きでたまらないだけでしたよ、この人。杜国もずるいっちゃーずるいんだけど、でも気持ちもわかるんだなぁと妙な共感を覚えました。実は掛井が好きでたまらないのに妙に鈍いとことか憎めない。

非常に楽しく、とはちょっと違いますが、読後感はとっても満足でございました。
妓楼の戀水 
 妓楼の戀水

うをーーーー!
どうしよう。めちゃくちゃ萌えてんですけど…っ!!(笑)

遊郭ものは結構好き(ただし痛くないストーリー限定)。これで節が男娼だったりしたら辛くてしょうがなかったんだけど、そうじゃないし。すべての表現が違和感なくて、ずっぽりと世界観に嵌ってしまいました。遊郭の赤って淫靡ですよね~。

「恋しい人を想って流す涙=戀水」ですよ。この一文だけでも橘さんにやられたーという感じだったんですけどね。はーー。好きすぎてすでに3回は読み返した(嵌ると同じものを何度も読み返すクセがあります)。

リンク作があるらしいんですが……葛城×和志ですか……?!めちゃくちゃ期待して待ってます!
真昼の月(4) 
 真昼の月(4)

やっぱりいおかさんはこれだよ~。この間出た『君が涙を溢れさす』は非常に微妙で、さらに雑誌のやつもなぁ……。真昼の月シリーズと絶対シリーズ以外は吟味してから買うべきか、、と悩みはじめて結構経ちますが。


ま、それはいいとして。相変わらずの辰巳と秀一です。甘くなんてならない。でも秀一が思わず辰巳を助けたりして、2人の心の距離は確実に深く繋がってますもんね。しかし自分の立ち位置を悩み始めたりなんかして、ますます続きが楽しみですよ。ただちょっと今回物足りなさが残ります。不満とかそういうんじゃないですが。。。それとカオリたちの活躍の場が少なくてちょっと残念。次回はもっと登場させて欲しいです。
WISH 
 Wish

初・月村さん。とはいえ、雑誌で『家賃』は読んだことがあるんですが。

なんでもこれがデビュー作とか。わたしの中で月村さんのイメージって毒々しい突拍子もないストーリーを書かない人って感じだったんです。これはまさにわたしが思っていた通りの優しさを感じるお話だったなぁ。唯一読んだことのある『家賃』も印象は少し違いますが、やっぱりほんわりと優しさを感じる話しだったし。

裕一郎がいいな。あの子がまっすぐ育っていることが、尚也の証明というか。高野の妹もブラコンなだけだし、「家族3人」で幸せになればいいな~と思いました。ほんわか話は和むなあ。