FC2ブログ
YEBISUセレブリティーズ(5) 
 Yebisuセレブリティーズ(5)

エビの中で一番おもしろかったかも……!!

けっこう楽しみにしてた谷地×加賀美カプですが、これがちょっと期待以上におもしろくて「ん?これホントにエビ?」とか失礼なことを思いながら読みました(いや、エビは十分にエビってだけでおもしろいんですが。なんせ様式美だから!)。岩本さんってこんな文章だっけー?とも思った。たぶん小説版は久家×益永で慣れちゃってるせいもあるしスピンオフってこともあるんだろうけど、なんかいつにもまして軽快な文章という気がしたんですよね。

こうなるとやはり漫画版のボス×はるかが一番影が薄いよなぁと思ったり。個人的には綿貫×狩野をまた読みたいんですけどね。
スポンサーサイト



アンバランスな熱 
 アンバランスな熱

えーーーーーーー。そっちとくっつくんですかい?!
あとがきにあるように、「拾っちゃったから仕方ない」っていうところでしょうけども。

当て馬にもなってないような義人が妙に気の毒。……お父さんか静香とくっつけるのも面白いかもね。ふふふ。

強○されるのも好きになるのも突然だよねぇ。ってそれはわりと水名瀬作品には見られる傾向な上に、また三角関係ですよ。ということで、感想は概ね前回と一緒かなー。
Green light 
 Green light

玉木さんの新作で結構楽しみにしてましたの。なんせ前回がアレだったもので、今回こそはと期待が大きく。

青春ものですね。蔵王さんの絵がとても合ってた。蔵王さんの絵はなんか若向きだよね(言い方が古い)。かっこよくてもそこは高校生。欲望に忠実ではぁはぁしてるあたりがリアルっぽくていいなーと思いました。

ただ、なんかこう、、、あっさりと流れていくんだよねぇ。タイトルの意味もよくわかんないし。やはり玉木さんは遊郭ものが読みたいな、と。
その純情を暴け 
 その純情を暴け

実は前作がうろ覚えで、自分の感想を読み返して「あぁ~あれあれ!」という感じでした。

あの時も弟の組と兄への執着にイマイチ納得がいかなかったんですが、今回もちょっとよくわかんなかった。まぁ前よりも詳しく書いてあったんだけどね。でも読めば読むほど組長とか向いてない子だなーという印象。藍川もつかみ所がないっちゅーか颯洵よりも怖いんじゃないの~と思いました。

やはりわたしは兄ちゃんカプが好きだ(和服好きともいう)。
ダブル・トラップ 
 ダブル・トラップ

まさか番外編がでるなんて予想外でしたが、でも嬉しいのです!

前3作よりもちょっと過去に戻って、沓澤と核の出会いが描かれてるわけですが、髪が長かったので核とは思わず「誰?これ?」と頭の中に?マークがいっぱいになりました。そうか、昔は髪が長かったのね(前そんな描写出てきましたっけ?覚えてないです)。

しかしいくらオヤジくさい沓澤でも
こんなとこに、人魚がいやがる

はクサすぎ~と爆笑もんでした。ま、核はどこまでいっても核でしたね。

間に杣さんのお話を挟んで(やはり妙に人気があるのだな)、3作目の続きであるバカンス編。やっとラブい沓澤&核がでてきた~。天&正文もいいけど、やっぱり核&沓澤が気になっていたので、やっと両想いを確かめ合った2人が読めて満足でございます~。
美しき厄災 
 美しき厄災

まさかスピンオフ作品とは思わず。
しかも出版社も絵師さんも違うので他の方の感想読んで「え?そうなんだ?!」とびっくりした次第。しかも『映画館で逢いましょう』の感想でわかる通り、メインのカップルにはほとんど思いいれがなかったので、エリーとか采女とか「いたっけ……?」という程度で読み始めました。

でも面白かったですよー。『映画館で逢いましょう』は読んでなくても問題ない(読んでればもっと面白く読めるけど)。エリーの女王様っぷりがいい。采女が自信家なくせに女王様の下僕になってるところも、なんとなく幸せそうでいい。

さて次にほもになるのは誰だ?
世界が終わるまできみと 
 世界が終わるまできみと

厚さに躊躇ってずっと積読だったものを引っ張り出して読みました。

杉原さんはやっぱり柔らかいなぁ。優しいというかね、雰囲気が。それと攻め。前回読んだ『いとしさを追いかける』も攻めがとことん優しい人でしたが、今作も攻めの優しさが最後まで光ってたし救いだったかな。全体は受けの有理視点なので、その印象が特に強かった。

子供たちがしなやかに強いのに対して、親たちの不甲斐なさが目立つなぁ。有理父は弱く逃げ出してしまったから特に。あの父がいたからこその有理であり学なんだけど。学が中途半端じゃなくてちゃんと扱われていたのもこの作品のポイントですねぇ。あの子が出ることによって有理と怜人の結びつきとか心の交流がこちらに伝わってきたし、何よりかわいい!


こういう作風の人が木原さんたちとオヤジ本を出してるから不思議。
エンドルフィンマシーン 
 エンドルフィンマシーン

名前も絵も目にするのがはじめての作家さん。でも評判がいいし、日参するサイトさんで発売のちょっと前に今月一番の楽しみと書かれてあったので購入してみました。絵が好きですね。こういう絵はわりと好き。コミックスってまず絵に惹かれるかどうかだから、入口としてはまず合格!


>エンドルフィン・マシーン
ヘタレだ~。ここまで外見が美しいのにダメなヘタレも珍しい。でもフェロモンむんむんなので、そのギャップが魅力的(たぶんね)。しかし実家暮らしって、、、家出た方がいいんじゃないか?と全然関係ないところで気になりました。まあ理解ある家族みたいなのでいいですけど~。

>蜜蜂の発見
イマイチ理解できなかった作品。3回ぐらい読み直したけど、わたしにはよくわかりませんでした。そもそも3P系(気持ちの上でも)は苦手なのでね。

他の作品は特にこれといってなく。「あぁ~麗人だ~」という感じでしょうか。他の作品も読んでみたいけど、麗人を手に取る勇気はまだない……。
ビスクドール・シンドローム/ビスクドール・ハネムーン 
 
ビスクドール・シンドローム ビスクドール・ハネムーン

花川戸さんの作品は尤書堂シリーズしか読んだことないので(しかもまだ全部は読み終わってない)作風がよくわからないのですが、受けがちょっとかわいい感じなのかな?性格ではなくて風貌とかが。

今回の作品は、とにかく外見のいい受けちゃんが真実の愛を見つけて変わっていく(というよりも本来の自分を取り戻す)話。だと思う。最初、攻めが商社勤めでかっこいいという描写があったので「どんなセレブ攻めでくるのかなー」と思いながら読んだけど、案外庶民的で地に足のついた生活描写が多くてほっとした。ま、そういう普通な感じに受けちゃんも安心したんだろうけど。

続編の【ビスクドール・ハネムーン】はとにかく甘々なふたりの生活。ま、それだけじゃ1冊埋まらないので(笑)それなりに事件は起こりますが、とにかくラブラブな2人の前ではそれもスパイス。

ひたすら甘い話を読みたいときにはいい作品ですね。それよりも尤書堂シリーズ読んでしまわねば。
水底の月 
 水底の月

な、泣けた……。最後のほうは何度読み返してもぼろぼろです。

ちょっと前から遊郭ものをよく目にするんですが、やはり遊女ってところに違和感があるんですよね。だからイマイチのめり込めないものが多い。でもこのお話は「遊女」をやってる理由も明確で納得のいくものだし、そういう点で違和感感じることはなかったです。もともと椎崎さんは切ないもの書かせたら上手だしね~。健気受けは椎崎さんの得意分野で、その健気さが「遊女」という身分にも説得力を持たせてました。

高階さんの絵は綺麗でしたねー。でもこの方の絵はやはり洋物向きだなと思いました。