FC2ブログ
溺れる戀 
 溺れる戀

2007年最後の更新です。
通常、年末はそんなに本を読む気がしないんですが今年は最後の最後にSHY NOVELSの新刊がどーんときました。そして最後の更新が大好きな高遠さんの作品で、それもすっごく良かったのでなんだか嬉しい。

今市子さんの挿絵がまた合ってた!昭和恐慌の頃という雰囲気を壊さない文章と語り口がさすが高遠さん。こういうところがたまらなく巧いと思います。

絡まる視線。いとしいとしといふこころ。
そこに理由などない。ただ惹きつけられるだけ。

そんなことを思った作品です。
そして無知もいいところですけど、この旧字体の「戀」という字が「いとしいとしというここころ」を表しているということに気付きました(遅っ)。そしてこの作品を読むと「あぁ!そういうことか!」ともっとストンと心に落ち着きます、恋という意味が。


ところで高遠さん。SHYの次作は『世界の~』の続編かも、と書いてあったので期待してたんですがー(いや、これはこれでものっすごく良かったですが)。つ、次はそうですよね?!
スポンサーサイト



愛してると言う気はない 
 愛してると言う気はない

『さよならを言う気はない』の続編。
ヘタレ探偵は相変わらず。そして凶暴美人受けも相変わらず。
でも前作よりも好きです。相当好きです。既に3度読み返してますよ。

俺を捨てないでくれ……

天海が陣内に縋るシーンが良かったなあ。これが天海の本音のすべてだよな~。ここだけでも何度でも読み返せる。

それにしても我那覇とかいう綺麗系変態。変態でヤ○ザ。怖いものなしだな。
恋になるなら 
 恋になるなら

ひょうたさん漫画の原作を読んでるような。それくらいひょうたさんの絵柄と作風とピッタリでした。じれったーーい感じとかさぁ!

ただ、先輩後輩関係からこれは恋?と意識するまでは実にじれったく。ぎゃーとじたばたしたくなるストーリーだったんですけど、そこから攻めの隠し事あたりがちょっとページ数少なくないか?そこはもうちょっとじっくり書いてもらいたかったというか。意外な展開だったから余計にそう思うんですよね。ちょっともったいない。

それ以外は概ね満足でした。けっこう好き。
奇蹟のラブストーリー 
 奇蹟のラブストーリー

超うしろ向きなヘタレ攻め。んーここまでマイナス思考の攻めも珍しいですね。でもこういうのもたまには面白い。でもHシーンになると熟練者っつーのはお約束ですね。

でも気持ちが通じ合ってからの急展開が納得できないわ~。頁数足りてない印象。それと、なーんか作中に出てくる小説のタイトルが『奇蹟のラブストーリー』ってくだりはしっくりこなかった。え?そんなタイトル?みたいな。

悪くはないけど、最近の榊さんはほのぼのしすぎてませんかね?ちょっと前の作品の方が「らしい」感じがしました(勝手な印象だけどね~)。
下半期ベスト 
よく考えたら年末でした。で、恒例の自分整理をしてみたいと思います。上半期ベストはやったので、とりあえずは下半期(まだ少しあるけど)。

【小説】
1.午前五時のシンデレラ
なんかやっぱり好きなんですよね。

2.ロマンスの黙秘権(2)(3)
続きものなのに最後までおもしろかったという点を評価。

3.牛泥棒
BLっぽくない意表をつくタイトル。そしておもしろい。

4.吸血鬼と愉快な仲間たち(2)
これもBLなのかなぁ?でもおもしろいから。

5.美しいこと(上)
正直1~5位って差があんまりない。ただ、これは続き物なので5位という順位。下巻への期待値も含めて。

6.ダブル・トラップ
また続きが読めるなんてねー……という感動の順位。

7.烈火の契り
挿絵効果が相当大きいです。

8.ミスティック・メイズ-桜姫3-
最後の数ページでランクイン。愛しさと切なさがここにある。

9.優しくて冷たい果実
古いけどね。これも挿絵効果が高い。

10.王様は美男がお好き
コメディの中ではこれが一番良かった。


【コミック】
1.セブンデイズ(MondayーThursday)
2.魔法使いの恋
2.番人
4.エンドルフィンマシーン
4.キスブルー(2)
4.春を抱いていた
7.どうしようもないけれど(2)

順位が付けにくいー。1位は圧倒的なんですが。ルコちゃんは原作ありきなので除外。それと、たぶん今日手元に来るひょうたさんの『純情』あたりがランクインしそうなので7位まで発表しとく。
夜叉と獅子 
 夜叉と獅子

2年ぶりくらいかなぁ池戸さん。感想ブログさん読んだら面白そうだったので買ってみました。

職業が彫り師というのもあまり見ないですが(わたしがね)それが、刺青で興奮覚えるっていうんですから、立派なフェチの話だわ。いや、フェチとかいうと軽い感じですが、この受けの場合は仄暗い背徳感という意味を含んでますね。子供時代の蝶の話とかすごいなーと思った。このエピソードだけで、受けの深淵がわかる。

しかしライバルのヤ○ザがありえないほど小物でどうしようかと。普通もうちょっとどうにかなってるもんですけどね。彫銀の執着くらいの根性を見せてほしかったもんだ。ま、お嬢さんの執着には勝てませんが。うん、お嬢さんが一番怖かったね。

いやーそれにしてもわたしやっぱりヤ○ザ攻め好きですわ。リーマンとヤ○ザだとつい手を出しちゃうもんな。
青鯉 
青鯉

スペースオペラ。意味わかんないけどそんな雰囲気です。

『青鯉』
しかしなんともいえない味のある作品です。12年前の同人誌らしいですが、個人的には非常に面白かったです。変な萌ベクトルが発動した感じ(笑)。昔の作品なので携帯電話なんてものは登場しませんが、それが逆に味ですね。
ひとつ気になったのはみんなが「亮さん」と攻めを呼ぶこと。同僚もなぜかそう呼ぶんだよねぇ。出会ったばかりの受けも。普通名字じゃないか?というのが最後まで気になった、まぁ「同人誌だよね」という感じではあるのですが、わたしはこの作品好きですね。

『デリート』
こちらも同人誌といわれると納得の内容でした。テーマが壮大すぎて意味わかんないところがあったなぁ。
アウトレットな彼と彼 
アウトレットな彼と彼

前作もそうでしたが、今回も目の前に風景が広がってるようでした。空を切り取ったかのような描写が良かったですね。

ちょっと理屈っぽいところもありましたが(それが松前さんの味かな)、この人のお話は矛盾がないのであまり違和感を感じません。ただ、善貴と皆人の2人の世界で完結してる感じで、そこは気になった。もちろん覚という親友がでてきますけど、なんか「世界に2人だけしかいないのよ」みたいな感じ。BLマジックってやつですね。

でも風景描写と恋に落ちていく過程が丁寧で、松前さんの作品はなんだか郷愁というか懐かしさすら感じます。
檻-おり- 
 

これ、雑誌に載ってたの読んだんですよね。で、それが烏城さんとの出会い。許可証シリーズよりも前に読んだのがこれだったので、許可証シリーズにもなかなか手が伸びなかったという……。それくらいあのシリーズとは間逆のストーリー。一言で言えば耽美。しっとりを通り越してねっとりした空気が漂う1冊でした。

期待してた書下ろしとかはなくて(まぁどう書き下ろすんだという気は確かにしますね)大幅加筆修正でした。んーちょっとやっぱり違ってた、かな?最後まで救いがあったようななかったような、閉塞感たっぷりの雰囲気でして、それがまた今市子さんの挿絵がピタッと嵌ってますねぇ。最後までドロドロとした怨念のような印象のお話でした。好き嫌い分かれるかな。
ラブレター 
 ラブレター

買ってから気付いた。読んだことあるよー両方とも!
雑誌掲載作2編(兄編&弟編)+書き下ろしですね。雑誌の時も今回も同じところでぼろぼろ泣く。それ以外はなぜか淡々としてるのに、そのシーンにきたらもうだめでした。ちなみに兄編のほうね。

兄編の方で、弟が兄に説教するんですが、アンタ人のこと言えないよ?な弟。なんつーか、ニブいし肝心なことは口に出さないダメ攻め兄弟だなぁ。でも可南さんお得意の健気受けだからこそか、なぜか男らしくうつる。不思議。

個人的には兄編の方が好きですが、二段組で読み応えはありました。でも、やっぱり独立した形で書下ろしがたっぷり入ってるのが読みたかったかなぁ。
倒錯者Aの告白 
 倒錯者Aの告白

SMか~うへぇ~~( ̄_ ̄|||) と思ってたので買う気は全くなかったんですよ。でも他の方の感想があまりに良かったのでついつい買ってみました。綺月さんは鬼門なのですがねぇ。

でもこれは良かった。最初の数ページを乗り越えれば、あとはラブですから。SMも結局は芸術に消化されちゃってるしね。事件そのものはちょっとショボい感じでしたが、まあそこがメインじゃないのでいいのか。

ただ、言葉の変換ミスが気になった。校正が甘いなぁ。ちょっとそこががっかりでした。ストーリーそのものは、いままで読んだ綺月さんの中では一番好きかもしれません。
 
水城せとなさんの『窮鼠はチーズの夢を見る』の新作(続編?番外編?)連載がスタートしました。モバイル配信にイマイチ納得がいかなかったんだけど、読んじゃったら満足感でいっぱいで、わりとどうでもよくなった(でもやっぱりちゃんと紙で読みたい)。

モバイルでコミックスを読むのは初体験で、「ほっほーこうなるのか!」といちいち感心しながら読ませていただきましたよ。まあ会員登録して(このためだけに)お金がかかるのは痛いんだけど、読みたいという欲求には勝てない。次の配信も楽しみだなー。流され侍はちょっとはマシになってるかしらん?!


以前、小冊子に掲載された『憂鬱バタフライ』も配信されてます。みのがした方はこの機会にぜひ!
本当のことは言えない 
 本当のことは言えない

あなたの声を聴きたい』のスピンオフ。あ、あの作品って1年前でしたっけ?!びっくりした。1年経つのが早すぎる……。

さて、前回出てきた嫌な奴・向井のお話。うーん。あの性格は少年の頃の不幸な出来事と思い出と家族との心の別離で形成されたものだったのか。捻くれてて照れ屋の向井と宇宙人・篠倉はピッタリですねぇ。前作よりもするするっと読めちゃった気がします。その後の2人とばーちゃんの姿もでてきて、満足でございました。

ところで、途中から「あれ?これは崎谷さんか?」と思いながら読んだんですよね。椎崎さんってわかってるのに崎谷さんがダブる。くどいほどの描写がなんか崎谷さんっぽいっつーか。椎崎さんってこんな感じだっけー?と不思議な感覚でした。気のせいかな……(^^;
美しいこと(上) 
 美しいこと(上)

今回はすぐに読みましたよ!木原作品はそのままでも躊躇するのに、置いてあたためておいたら二度と日の目を見なくなるので。

読んで大正解!ありがとう!コノハラノベルズ!という感謝の気持ちでいっぱいです。その半分は、挿絵が日高ショーコ先生ということへの感謝ですが(笑)。美。

人を好きになるのは外見か、それとも心か。

別に男同士じゃなくても究極の選択って気がしますよ、恋愛においての。木原さんの作品はいつも男女の恋愛にも通じる気がする。これは男同士だから書けるのよね、という作家さんもいれば、どちらでも通じるものを書いてる作家さんもいる。木原さんは後者で、だからこそ毎回抉られるんだよね。

今作は松岡視点で描かれているので、寛末のヘタレというよりも情けなさが際立って腹も立ってくるんですが、でもよく考えると「恋愛は女性と」という大前提が崩されちゃったわけですから寛末も気の毒。松岡の「わかってくれると思った」というのも実に身勝手なわけですよね。でもでも恋してる松岡は切ない~。もちろん寛末も片想いな訳ですが。

次巻は1月。無事にハッピーエンドになってるといいなー。でも木原さんだからなー。日高さんの絵も楽しみです。
暗くなったら抱きしめて 
 暗くなったら抱きしめて

ラブラブリーマン生活を読みたい時にピッタリ☆
そんな感じのお話でしたね。意外にエロシーンががっつりエロく描かれてましてちょっとビックリ(いや、でも『エゴイスト・ハザード』もわりとがっつり書かれてたな、そういえば)。見た目と評判に反して案外純情な攻めと、かわいい外見に反して彼女と二股かけててもあまり悩まない受け(ちょっと御幣あり)。そこのギャップがおもしろかったかなー。

でも今泉さんの作品読んでると時々「あれ?これ同人誌だっけ?」と思うような表現があって、そこに違和感感じます。言葉遣いとか、いきなり軽くなる文章とか。そういうのを置いといたら、リーマンものなんてとっつきやすいんですけどね。
チョコレートのように 
 チョコレートのように

ベタだけど、好き。そのベタさ加減が心地よい。
今宵、雲の上のキッチンで』もそうなんだけど、わたしはベタなハッピーエンドな恋愛が好きです。ひちわさんの書かれるベタハッピーエンドは好みのど真ん中なので読んでて楽しいし顔がにやけっぱなし。仕事のできる受けっていうのもポイント高し。やはり生活の根っこがちゃんとしてない話はダメなのですよー。

新装版で出たので買ってみましたが正解でした。ずーっと東京ジャンクシリーズを読んでみたいなぁと思っているのですが、巻数があるのでちょっと躊躇い中。十三階の続きがでたら手を出してみるつもり。……っていつでるんだ?!