FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデン・アワーズ・ショウ 
 ゴールデン・アワーズ・ショウ

雑誌で読んだときは、さほど惹かれなかったんですよ正直。でも今回改めて読んでみると印象が違った。あれ?挿絵が違うから?(っていってもあとがきでわかったんだけど)。

さて、ドラァグクイーン攻め。ドラァグクイーンが攻めであれ受けであれ、メインのお話は読むのが初めてだね、たぶん。ドラァグクイーンというと『プリシラ』を思い出します(あれは映画としておもしろかったけど、わたしの中でのイメージはあれに終始しちゃってていいのか悪いのか考えるところではあるな)。

で、このお話は設定こそドラァグという特殊な攻めを配置してますが、内容はごくごく普通の若者の生活と悩みを上手に綴ったストーリー。ドラマティックな出来事や大層な事件が起こるわけでもないんだけど、妙に読ませる力がありました。ただ、どうにも全体に微妙な空気が漂ってる気はするんだな。ここら辺が雑誌で引き込まれなかった理由かと。

ワンコインでこの内容なら満足!ではありますので、2作目はパール文庫じゃなくてシャレード文庫のほうでお目にかかりたいな、と(筆力はあると思うのでもうちょっと長い作品で読みたい、という意味です)。
スポンサーサイト
白雨 
 白雨

タイトルを見てまず「あ。睦月だ」。『松風の虜』で幼い睦月が「白雨でございます」と言うシーンを思い出しました。

ま、それは置いといて。
これは再会ものですね。いわゆる身分の差ありのありがちな作品を想像していましたが、いい意味で裏切られたなぁ。まず受けがしなやかでたくましく強い。そして攻めがお坊ちゃんなのにどこか少年の可愛らしさを残してるから高感度も上がる。お坊ちゃんにありがちの傲慢さがなくて、そこが受けとの絶妙なバランスになってたように感じました。

隆生もかわいいしねー。わたしはBLの子供登場ものは結構好きです。子供+夫夫という感じになるのが微笑ましくてねぇ。真崎さんの『白の彼方へ』はあれはあれでおもしろかったのですが、今回の方が遥かに好きになりました。前にでたリンク作もルチルで出るようなので楽しみです。
恋の心に黒い羽 
 恋の心に黒い羽

カップリングはそんなに変化球でも逆でもなかったけど、歯の話とかはちょっと異色に感じた。個人的には『ベイビー、ハートに釘』と『イッツマイチョコレート!』が好きですねぇ。姉ちゃん視点だったり、大家族ものだったりしてBLとしては変わってますが、そこが魅力といいますか。

そう、ヤマシタさんは表情(を描くの)が上手いんだと思います。『ベイビー、ハートに釘』も弟の表情も良かったけど、足田くんのちょっと後悔した表情がなんともいえない良さでした。

ヤマシタさんは今月2冊目ですが、こっちの方が好きだったかな。『くいもの処明楽』といい、マーブルコミックスのほうが合ってるのかもしれない。
キスができない、恋をしたい 
 キスができない、恋をしたい

恋愛証明書』のリンク作。春海と遼一と准も登場。『恋愛証明書』はわりと評判良かったわりに、わたしの中での崎谷ランクは普通なんですよね。なのでそんなに期待せずに読み始めたんですが、正直今回のほうが好きですね。なんでだ?

おばか受けはBLではよくあるんだけど、崎谷さんが書くと一味違うような気がする。うーんなんでだ?おふとんシーンも濃いっちゃー濃いけど崎谷基準からしたら全然おとなしい(&回数が少ない)。これくらいでいいんだけどなー(笑)。

ただなんか萌えとは違うところにおもしろさがあった作品でしたね。最初のおふとんシーンはレクチャーぽいし、そんなにじたばたするような感じではなくて、するするっとあっさり風味という印象。ま、あくまで崎谷さん基準ですけども。
愛こそ明日の絶対 
 愛こそ明日の絶対

タイトルからして「最後?」とは思ってましたが、読み終わったときに「え?これでほんとに終わり?!」とちょっと驚いた。相変わらずあっさりですよねーいおかさん。そこが持ち味なんですけど、最後なのでもうちょっとどうにかならなかったかとも思う。

もちろん諏訪内と高城がラブラブであることがこのお話の前提でありおもしろいところなんですけど、2人の仕事を描く上で重要であろう事件そのものがあっさり片付きすぎる上に、2人の気持ちの描写が物足りなく感じてしまうんです。

『真昼の月』もそうなんですが、時間の流れが大体1冊1ヶ月(~1.5ヶ月)なんですよね。この作品もそうで、まだ3~4ヶ月ですか?!と読んでるこっちが驚く展開。これ、1年くらい経ってるほうがおもしろいんじゃないかな~と思うのはわたしだけでしょうか?今後はもう少し厚くて読み応えのある作品をお願いします。あっさりかつ濃厚なのがいいデス。
タッチ・ミー・アゲイン 
 タッチ・ミー・アゲイン

『くいもの処明楽』が非常にツボで、CDも楽しかったので、期待大で臨みました。

いやー驚いた。
ことごとくカップリングが逆でビックリした。
明楽のときは全然思わなかったんだけどねぇ。今回は、ほんとに真逆でしたよ。

ま、『Candied Lemon Peel』を雑誌で読んだときにちょっとアレ?とは思ったんだけどさ。まさかのオカマ攻めだったし、この作品だけだろうとか思い込もうとしてましたね。完全な逆カプ好みだな、これは。

だからといって面白さに変わりはないのです。無精ひげの男(でも受け)を描かせたらヤマシタさんは絶品だね!
いろいろ 
ディアプラスのペーパーが届いた。いつき朔夜さんの『午前五時のシンデレラ』のやつ。むふふふふとニヤけまくって読みました。うーんやっぱりいいなぁ。3月に新刊が出るらしいのでそれも超楽しみ!

うえだ真由さんの同人誌が届く(いつも通販)。今回は『ロマンスの黙秘権』だったので逃してなるものかと年末に振り込みまして、先週末に手元にきました。こちらも期待を裏切らないおもしろさでした。分厚いだけに読み応えも十分で満足。

コミコミに頼んだ同人誌も到着。project.HERの『エロチカ』秀香穂里さんの『他人同士総集編』合同誌『冷血2』の3冊。『エロチカ』はまあ前回も思ったけど、榎田さんが突出してる感。榎田さんと遠野さんはテーマが似てるんだけど愁堂さんだけちょっと違う?(いや、テーマはどれもエロチカですが!)『他人同士』はぱらぱら捲り『冷血』はビニールすら破ってません。だって勇気が必要なんですもん!

more... »

純情(2) 
純情(2)

年末に発売されて即読む→2007年ベスト入り。
それくらい、くぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーーー!とさせられたのです(でも感想を書くのは今頃)。

どうしてひょうたさんは、じれったいふたりを描くのが巧いんだろう。じたばたし通しですよ。しかも2巻のほうがおもしろいし。一方的な片想いというよりも、両想いなのにすれ違うってあたりが、ひょうたさんは巧いんだなぁ。こっちも一緒にじたばたしてもどかしくてニヤける、といういつもの図式。

やっと最後で想いが通じ合ったふたりですが、これ将成母が今後のポイントですかね?あーたのしみ。
True Love 
 True love

まったく初めて読む作家さんです。ちなみにお名前も存じませんでした。既に書いてない方……??そこらへんはよくわからないのですが、某所で書評を読んで気になったのでいくつか購入。既に新刊では扱ってないので古本ですが、なにせ白泉社なのでなかなか見つからんだろうと諦めていたらわりとあっさりあったので拍子抜け~。

まだコレしか読んでないのではっきりとはわかりませんが、文章が優しいというのが第一印象。なんか全体の空気というのか、そういうのが優しい気がしましたね。別れるとか別の男と一晩限りの関係とか、それなりの修羅場で身を切られるような辛さのはずなのにね。

でも逆に言えば、描写が足りないとも言う。これは同じバーに関係する人たちを主人公にした連作シリーズなのですが、イマイチその関係性がはっきりしない。そこが想像させる余裕であればいいのですが、どうにも作者ひとりだけが納得して書いているような感じだった。表題作の攻めが過去にした辛い経験なんてまーーったく何があったのかわかんないし、周囲の人の会話からそういうことがあったんだとわかるだけ。でもソコ重要だと思うの。受けとの関係を躊躇ったりとかするのってその経験からくるんだろうし、実は友人というピアニストとの関係もソコを話さないとダメなはずなんだけどなー。といろいろ不満も残った作品です。なんかいろいろ惜しい!という感じ。
色バトン 
地元局で『死化粧師』の放送が始まりました。エンバーマーですよ。暁ですよ(違)。吸血鬼シリーズ絡みでずっと気にはなっていたので(テレ東系は10月から放送だった)ドラマは滅多に見ないのにちゃんとチェックしました。いやーテレ東で深夜らしいチープな作りでしたが(褒めてます)なかなか興味深く、次回もちゃんと見ますよっ。がんばれエンバーマー。


さて、la aqua vitaのtatsukiさんから色バトンをいただきました!ありがとうございます~。

わたし、ブルーのイメージですか?確かに一番好きな色ではありますが、スカイブルーのような爽やかさはないな……(笑)

more... »

Missing you 
 Missing you

新年1冊目は、うえださんの新刊(といっても年内にでてた)。
ロマンスの黙秘権シリーズとは違って、これぞうえださん~という切ないベタなお話です。

「切ない・片想い」というのはうえださん作品ではよく見かける設定ですが、こういうの書かせると巧いよな~。『スノーファンタジア』と『この口唇で、もう一度』を足して2で割った感じかなぁ。

ただ克治が優しいのはいいんだけど影が薄い気がする。今回はちょーっとばかりお兄さんの味方したくなったり。いや、全部が全部じゃないけどさぁ。お兄さん以外は全員言いたいこともはっきり言ってない印象なので、上記2冊より泣けなかった。でもうえださんの切ない路線は大好き。
2007年 ベスト 
新年あけましておめでとうございます。
今年も地味に読書記録を残していこうと思いますので、ご訪問いただけるみなさま、よろしくお願いします。

今年は正月からK-BOOKSに足を踏み入れてしまいました。正月からオープンしてるってすばらしいですね!これが乙女ロードか~とほぁーと感心しながらうろつきました。買う気は満々だったんですが、いかんせん体調不良のため店内うろついただけで疲れてしまい手ぶらで帰ってしまったことが新年一発目の反省です。しかし都会は違いますね。やはり量が全然違うわー。今度上京したら山ほど買うわ!と新年一発目の誓いを立てました。

さて、2008年最初は昨年の独断と偏見によるマイ・ベスト。
2007年は小説もコミックも上位5位くらいが圧倒的に良かったです。萌えすぎてどうしようかと思った作品ばかり。続きものも勢いが衰えずに読ませてもらいました。

more... »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。