FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.6月購入 
20100628


今回は漫画ばっかり。ていうか、依田さんの新刊が本当に出たことにびっくりした。

20100618

他にも欲しいのがあったけど、追いつかないので我慢。
スポンサーサイト
インヴィジブルリスク(1)(2) 
INVISIBLE RISK〈1〉 (ダリア文庫)INVISIBLE RISK〈1〉 (ダリア文庫)
(2010/05/13)
崎谷 はるひ


INVISIBLE RISK〈2〉 (ダリア文庫)INVISIBLE RISK〈2〉 (ダリア文庫)
(2010/06/11)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る


これ、ずっと読んでみたかったけど絶版で手に入らなかったので、新装版になってうれしかったです。

初期の頃の崎谷さんということですが、あちこちにはるひん節炸裂。でもかなーりおとなしめですが。まともにアンアン言ってるのって、2巻の最後のほうだけだもんなー。新鮮。

携帯がない時代だったり、(正直今は流行らない)バンドだったりが出てきて時代を感じますが、わたしはこういう崎谷さんは好きですね。来月の3巻は、いつの間にか2人になっていたバンドの事実(?)とか出てくるようなので、楽しみです。なんか、崎谷さん読んでると「BL読んでるー!」って気分になれるわ(笑)。
警視庁十三階にて 
警視庁十三階にて (キャラ文庫 す 2-14)警視庁十三階にて (キャラ文庫 す 2-14)
(2010/05/27)
春原 いずみ



春原さんはずいぶんお久しぶりに読みました。なんつっても、このタイトルに惹きつけられて!

おもしろかったですよ~。確かに普通の警察ものとは違ってまして、そういう意味でも新鮮に読みました。大人なBL、、、という雰囲気ですね。公安といってもさほどドロドロした部分がでてこなかったのも良かったかな。

個人的には陸検事が気になります。この人でスピンオフ作れると思う。てか、読みたい。
なぜ彼らは恋をしたか 
なぜ彼らは恋をしたか (キャラ文庫 し 2-19)なぜ彼らは恋をしたか (キャラ文庫 し 2-19)
(2010/05/27)
秀 香穂里



お久しぶりの秀さんですが、堅い…。まずタイトルからして堅い……。
文章が堅めなのは秀さんの特徴ですが、今回は本当に堅いっすよー。

でも仕事のできる男たちを書かせたら天下一品なのは相変わらずです。でもやっぱり全体的に堅すぎるんだよなぁ。しかも堂島がなんで緒方を好きになったのかも正直不明だし。もうちょっと柔らかくしてくれたほうが読みやすかったかな~と思います。
兎オトコ虎オトコ(2) 
兎オトコ虎オトコ 2 (ショコラコミックス)兎オトコ虎オトコ 2 (ショコラコミックス)
(2010/05/29)
本間 アキラ



おもしろかったー。期待を裏切らない2巻でした!

いや、でもまさか続くとは……。しかも超気になるところで終ってるし!
早く続きをーーー!

やっぱり兎と虎がカワユス。
Don't touch me  
Don\'t touch me (ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫)Don't touch me (ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫)
(2010/05/10)
一穂 ミチ



執筆中に大怪我されて発売延期になっていたもの。やっと出てくれてうれしー。

相変わらず、風景描写が巧い!主人公の目から見える景色を描くのが抜群だと思いました。
そして一穂さんには珍しく、大人同士のカプなので、それも新鮮でしたね。

でもあえて言うなら、やはり一穂さんの巧さは青春(&若さ)の危うさみたいなものを描いてこそより光ると感じました。もちろん、この作品も潔癖症の主人公を持ってくることで、危うさ・繊細さみたいな一穂作品の良さはすごくでてました。これがだめって言うんじゃないんですよ。あくまで比較の問題で。

ま、どちらにしてもやはり一穂作品はおもしろくて目が離せません!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。