FC2ブログ
龍の純情、Dr.の情熱 
龍の純情、Dr.の情熱
龍の純情、Dr.の情熱

シリーズ第4弾。
高徳護国をなぜか「コウトクゴコク」と読んでその度に「あ、違う。タカトクゴコク」と心の中で言い直しながら読みました。神経がそちらに持っていかれた……すごい苗字だね。

今回は、清和&氷川の周りの人々に焦点が当たったストーリーでしたね。リキこと高徳護国義信くん(試験のときに名前を書くだけで時間を喰うね)がどうして組に入ったのか。今後シリーズが続くに連れてそこらへんも分かるといいなあ。気になる。ショウもねぇ……オバカっぷりが面白かったです。こういうキャラはオイシイ位置にいるな。

氷川の嫉妬心ってすごいよなーと思う。読むたびパワーアップ。そして清和の尻に敷かれっぷりも。氷川ってHのたびに「いやらしいことしちゃだめ」って言うんですけど……えー?だったらどうやってシテんの?と読むたびに不思議でならないデス。頑張れ清和、と応援したくなるのはわたしだけでしょうか~?

以前もどこかで書いた気がするけど、奈良さんの絵は20代以上の男性を描かせると抜群ですよね。ただ清和が19歳に見えないんだけど。。。でも他からでてる最初の2冊を、奈良さんの絵で見たいなあと思う。そういうのは無理なんだろうか。
 
龍の純情、Dr.の情熱 
PING:
BLOG NAME
龍の純情、Dr.の情熱
◆あらすじ◆
披露宴には定番の結婚行進曲で目覚めるのは、明和病院の美貌の内科医・氷川諒一と、指定暴力団・眞鍋組二代目であり、昇り龍を背負う橘高清和だ。ヤクザ同士の抗争に巻き込まれる波乱万丈な生活にも、氷川の清和への愛は日々増すばかりだ。そんなある日、氷川の前にひとりの男が現れる。高徳護国晴信を名乗る男は、清和の片腕であり、真鍋の虎・力也を取り戻しに来た兄だった。
 
光世さま。こんにちは。コメントありがとうございます。初めてのコメント……嬉しいです♪
ブログは両方リストに入れさせていただいております。ヤクザものすきーなんで(笑)
トラバは……えぇとそうですね。まともな感想を書いたときはさせていただきたいと思います(汗)何しろ書評などではなく感想しか書いてないので、TBするのにかなりの勇気が必要……。そのときはどうぞよろしくお願いします。
 
こんばんは、初めまして。愛と薔薇の日々&ヤクザスキーのBL小説リスト管理人の光世です。
ヤクザスキーのアクセス解析でリンク元のところにこちらのブログがあったのでお邪魔しにきました。そうしたらBlogPeopleで二つともにリンクしてくださってたんですね。ありがとうございます♪
それで、この本の感想が書かれていたので、両方からTBさせていただきました。よろしければこちらからもTBしてやってくださいませ。特にヤクザスキーの方は、皆様からのTBを待つブログですので!(笑)他にもヤクザものの小説の感想を書かれたときにはぜひぜひTBしてやってください。
また遊びに来させていただきますね。これからもよろしくお願いします♪
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/138-db239c6f
龍の純情、Dr.の情熱樹生 かなめ 奈良 千春 講談社 2006-02-02by G-Toolsヤクザの二代目と医者の話の4冊目。やっと奈良さんのイラストの二人に慣れた・・・かな?雑誌掲載時から読んでいたので前のイラストレーターさんのイメージがしっかりついてい