FC2ブログ
是-ZE- 
是-ZE-(1)是-ZE-(1)
是-ZE-(2)是-ZE-(2)
是-ZE-(3)是-ZE-(3)

ずっと気になっていたコミックスを買いました。3冊並んでいて「買ってー」と呼ばれたのさ。
他の方のブログで「紙さま」って出てきてて「何だろう??」って疑問だったんですがやっと解決。そういうことかー。

個人的には、3巻で出てくる玄間×氷見が好きです。特に玄間。顔が好みです(笑)。あんな乱暴で怖いけどめちゃくちゃ氷見に惚れてんだねぇ。なんかかわいいと思いました。しかもめちゃくちゃ気になるところで終わってるし……っ!

雷蔵と玄間が細かいところで繋がっていたりして、ストーリー全部が今後の伏線じゃない?続きも気になるし、また「買わなきゃいけないシリーズ」が増えちゃったよー。まだ全員サービスの応募に間に合う時期に買ってよかった。
 
プロジェクトXL ~男たちの挑戦~ 
PING:
BLOG NAME
実は1巻を読んだ時点では、良かったけど2巻が待ち遠しいほどでは・・・・と思ってました。
しかし完全撤回させていただきます。 これは、いいホモです。
1巻でなぜ私のテンションが低かったかというと、内容が思っていた以上に血なまぐさかったのが原因だと思います。
腕がちぎれて飛んでるわ、脇腹を刺されて血がドクドク出てるわ、手の平にナイフを突き刺すわ、ボーイズラブでどうしてこんなに血を飛び散らせる必要があるんだろうと、気持ち悪くなったわけです。グロは苦手なので。
「どうせ飛び散らせるなら、赤い体液じゃなくて、白い体液にしてくれー!!」
と、気持ち悪さのあまり半分キレていたのですが、今回(2巻)は大満足でした。
飛び散る白い体液~。 やほぅ♪
今日のホモ
「是 - ZE - 」 2巻 志水ゆき 新書館・Dear+コミックス
紺に一目惚れして「おれにください!」宣言をした雷蔵。
とはいえ、屋敷のそこここでいちゃつく他のカップルのようにはいかないふたりは、ぎこちないまま日々を過ごす。
不安で、焦れったくて、自分から雷蔵を誘う紺。
ところが、雷蔵の立派すぎる体が仇になり・・・・・!?
2巻においては、作中のこの表現を避けては通れないでしょう。
 
 ありえない
 長さと太さの
 モノが!!
そして、この3行に尽きます・・・・・。
ストーリーもすごく良かったんですよ!
1巻はどうしても設定の説明にページを費やす部分が多かったのですが、2巻になって話の流れが見えてきたら面白いこと、惹きこまれること。
雷蔵が紺を大切に大切に思う気持ちが切なくて、雷蔵とおばあさんとの別れは涙なしには読めなくて、でも屋敷に住むみんなとのやりとりは楽しくて笑えて。
きっと何度読み返しても、また同じ気持ちで楽しめる、そんなお話なんです!
でも、やはり、読み終わった後に心に浮かぶのは、あの3行(笑)
攻めのが並外れて大きいと、成し遂げるまでが大変ですねー。
~ ひとりごと ~
今日のタイトルは思いついた時、ちょっと嬉しかったです。会心のアホです。
   
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/155-5046fcef