FC2ブログ
この口唇で、もう一度 
この口唇で、もう一度
この口唇で、もう一度

うえださん作品はやはりツボに嵌る。絵も作品の雰囲気にあっていて好きです。
ご本人も書いてますが、うえださん作品には「可哀想な受け」登場比率が高い。でもそれがまたツボを直撃されるので堪らんのですー!

瑞(受)の境遇はあまりに哀しくて、圭祐(攻)を好きになっちゃいけない、自分だけが幸せになっちゃいけないと思ってしまう気持ちがとてもよくわかります。ありのままを受け入れてくれた圭祐を好きになってしまった心を押し殺そうとする瑞が切ない。そういう瑞を説得する圭祐の言葉がすごく良かったです。彼の成長がここに(この作品は圭祐&瑞の恋愛というよりも、瑞を好きになることで圭祐が人として成長していくということに重きを置いている気がします)。

問題が完全に解決したわけではないけど(瑞の借金とか)、この後も2人で手を取り合っていろんなことを乗り越えていくんでしょうね。そういう2人が見えるような気がするストーリーでした。

後書きの後ろのSSが良かったです。こういう雰囲気すごい好みだ。
 
[BLS]この口唇で、もう一度 
PING:
BLOG NAME
うえだ真由&やしきゆかり(幻冬舎ルチル文庫) うえだ先生はもう切ない系作家と言っても問題はないのじゃなかろうか、と思ってしまうくらい、思わずグッときてしまうようなシーンを描かれるのが上手だと思う。偉そうに言ってしまうのならば、上手くなったと...
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/159-2d238578