FC2ブログ
きみがいなけりゃ息もできない 

きみがいなけりゃ息もできない
icon

さいっこーに面白かった!!
ビブ倒産の後、駆け込みで手に入れてよかったー。んで、続編がでるはずだったのね……。早く読みたいですよ。
読みながら何度噴き出したことか。やっぱり榎田さんは文章が上手い!二木がいかにダメかの表現が抜群に上手なので、東海林の苦労が瞼の裏に浮かびます。そしてげらげら笑う。苦労するのは東海林だけでいいのです!

「二木にとって世の中の区分は男・女・東海林となっている」というくだりは妙に納得しました。そして茜さんがいいキャラです。オタクなのにいい女。ルコちゃんを語る熱さにオタク度の高さが伺えます。


保管しておいた(わけでもなくたまたま溜まっていただけですが)小bに番外編「きみがいたんじゃ転居できない」が載っていてラッキーでした。
 
ホモは今日もホットケーキを焼いている 
PING:
BLOG NAME
食べ物の描写が上手で、なんともおいしそうで、読んだあと食べたくて仕方がなくなる私の二大ホモエロ作家。
マンガ家では、よしながふみ。作家では、榎田尤利。
ということで、本日の私の朝御飯はホットケーキでした。
わざわざ早起きして、足りない材料を揃えにコンビニに走って、作ってしまいました(笑)
作品に出てきたホットケーキの描写が、描写がっ、・・・・・たまらんかった・・・・・。
今日のホモ
「きみがいなけりゃ息もできない」 榎田尤利 ビブロス
ごくごく一部に熱心なファンがいる(らしい)売れない漫画家「豪徳寺薫子先生」こと、二木。
生活能力赤ん坊なみの彼を放っておけず、幼なじみの東海林は文字通り衣食住の面倒をみてやっている。
そんな折、二木にメジャー出版社での掲載チャンスがきた。
二人の関係にも微妙な、そして大きな変化が――!?
生活能力の低い受けと面倒見のいい攻めのカップルだったので、不朽の名作(私的には)魚住くんシリーズと似た話なのかなーと、漠然と読み始めましたが、全然違いました。
どこが違うかと言われると困るのですが、全然違いました。
違いが説明できないなら断言するなよ、自分(笑)
榎田さんの作品は魚住くんシリーズが好きで好きで(雑誌にはじめて掲載された7年前からの年季の長いファンだったりします)、特別な思い入れがあるので、どうしてもそれ以降の作品については点が辛くなってしまいます。
あれと同じくらいの、いや、あれ以上の作品を読みたい、榎田さんなら書けるはず、と思っちゃうんですよね。読者って欲深な生き物です・・・・。
この作品もおもしろかったんですけど、魚住くんシリーズは越えなかった・・・・・。
こういった比較の読み方をしていると自分が楽しくないので、頭を切り替えなきゃと思うのですが(昔は昔、今は今)、榎田さんには思い入れが強すぎてなかなかうまくいかないです。
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/173-70fc3656