FC2ブログ
さよならヘヴン 
さよならヘヴン
さよならヘヴン

挿絵って偉大だなーとすでに何度も書いてますが、今回も絵の優しさがそのまま話の印象に繋がってる気がします。
実景は一目で藍川に惹かれたんですね。それは藍川も同じだったようですが、魂が惹かれあうのが読んでいてよくわかった。描写が上手だなあと思いました。藍川を好きになって、引きこもっていた心が徐々に外へ向かっていく。その様子や戸惑いがこちらへ伝わってくるから、読んでいて応援したくなりました。

藍川と実景がお互いの想いを確認し合ってすぐにベッドへ…というのはどうかと思ったけどさー(笑)。そこはもう少しためていてほしかった、というのは言っちゃダメなのかな~。


榊さんの作品ってたまに(スイマセン)大ヒットがくる。これはわたしにとって大当たりでした。紺野キタさんの絵も雰囲気に合っていて、挿絵とストーリーの相乗効果って素晴らしいですね!
 
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/188-8dedf0ab