FC2ブログ
好きと言えなくて 
好きと言えなくて
好きと言えなくて
特別なことが起こるわけではなく、ゆったりした日常で自然と芽生えた恋心。とても自然に「好き」になっていく様子が表現されていました。

智春が年齢の割りに素直で(素直すぎるんだが)そこがBLにありがちな妙な拗れを起こさなかった要因かと。大友は年齢の割りに老成しているんですが、でもその2人のギャップが良かったです。

小川さんの作品って、どこか静かな中で漂っている印象の話が多いなあと思いました。ただ自分がそういう作品ばかりを読んでいるせいかもしれませんが。
 
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/198-0262791d