FC2ブログ
顔のない男/見知らぬ男/時のない男 
顔のない男顔のない男
見知らぬ男見知らぬ男
時のない男時のない男

「時のない男」もブックオフで入手!北畠さんの絵が好きなんだな~。
剛さんの作品は前もちらっと書いたように、どうにも苦手意識が先にたってしまって読む気がしなかったのです。でもここのところ続けて読んだ『海に還ろう』と『古都の紅』が良かったので、シリーズで挑戦。

音彦が真っ直ぐで、そりゃ飛滝のように自分がどこにあるのかわからないで生きてきた人には眩しく思えて惹かれるわねーと。全体を通して、音彦の成長物語でもあるし、飛滝が人として成長(やり直し)してる話でもあると思いました。完結なんてもったいない!



わたしが読んだことのある作品すべてに感じることですが(ということは全体的にそういう作風なのかな)、剛さんの作品って今一歩感情の書き込みが足りないような気がするんですよね。作品全体を舞台とすると、その舞台を客席から見ているような感じで、どこか引いて物事がすすんでいる。内面的というよりは俯瞰的に書かれている作品が多いなーと思います。だから、作品にのめりこむんじゃないくて、冷静に読んでる。

かといって面白くないわけじゃなくて、このシリーズに関していえばとても好き。『海に還ろう』も『古都の紅』もこのシリーズも、どこか昭和の匂いのするところがとても好きで、どれも手放せない作品であることは間違いないのです。

ただ、この作品もそうですが、もうちょっとわかりやすく人物の感情を書き込んでくれたらなーと思うんですね。えぇ。
 
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/209-c61a22ad