FC2ブログ
BLレーベル雑感 
ゲイ&腐男子のBL読書ブログさまで見かけた記事が楽しかったので、自分でもやってみた。

ただBL歴が浅いので読んでいるレーベルが偏ってるし、昔のレーベルはよく分からなかったりするので数は少ないです。しかも小説レーベルのみの雑感。


大洋図書(SHYノベルス)
きれい&おしゃれ。一言で言えばスタイリッシュ。内容もレベルが高く、ストーリーの好みはあるものの全体的にハズレは少ない。いわゆる「レーベル買い」をしてしまうが、あまり後悔もしない。

幻冬舎 (リンクスロマンス)
こちらもレベルが高く私的購入率の高いレーベル。シリーズものが多いかな?旧エクリプスロマンスからの再発売が多いが、個人的には嬉しい。

二見書房 (シャレード文庫)
こちらも全体的に大ハズレはない。少し地味目の印象があったが、最近迷走の気が見受けられて少し心配。

新書館 (ディアプラス文庫)
こちらも地味な印象。でもレベルは高いし安定していると思う。安心して読める心のオアシス。

竹書房 (ラヴァーズ文庫)
奈良千春さん大プッシュ。しかしそれに釣られて買ってしまう危険なレーベル。エロ優先のわりには内容がまとも(な時も多い)。

幻冬舎 (ルチル文庫)
わりとレベルは高い……と思っていたが、最近そうでもないか、、、と思い始めている。しかし、そう低くもないので買ってしまう。リンクスロマンスよりも年齢層は低めと思われる。イラストレーターのレベルが高い(単に好みのせいもある)。

蒼竜社 (ホリーノベルズ)
コノハラノベルズ。それゆえに個人的に手を伸ばすことに非常に勇気のいるレーベル。しかしその潔さは好感度が高いのでこのまま頑張っていただきたい。

徳間書店 (キャラ文庫)
オーソドックス。安定はしているが、可もなく不可もなくの印象。しかしたまに大当たりがある。入門編にはぴったり。

リブレ出版 (BBN/SLASH)
旧ビブロス。多種多彩な作品は群を抜いており、「どうしてこれを?!」という作品もどんどん出す男気のある出版社。その分、作品レベルにばらつきも感じられるが、やはり心意気が素晴らしい。

講談社 (X文庫ホワイトハート)
普通のライトノベルのようで安心して読める。ほもの香りがする、くらいの作品に良作が多いと思う。

角川書店 (ルビー文庫)
年齢層低めと思っていたが、そうでもないか(崎谷さんとか)。シリーズ物が多いし、わりと安定感はある。
リーフ出版 (リーフノベルズ)
古臭い。おしゃれ感がまるで感じられない装丁。内容もレベル差が激しく、購入は賭け。

雄飛(アイノベルズ)
リーフよりは少しだけ凝っている。でも内容のレベル差が激しいのは一緒。たまに当たりがあるから厄介。これも購入は賭け。

プランタン出版(プラチナ文庫/f-LAPIS/LAPIS more)
フランス書院。それで十分説明がつくと思う。レーベル差がいまいち分からない。

海王社(ガッシュ文庫)
最近でてきたレーベル。特に引っかかりのない内容だなという印象を受けた。

白泉社 (花丸文庫/花丸ノベルズ)
年齢層がかなり低めでついていけないことが多い。紙が安っぽくて気合が感じられない。

フロンティアワークス(ダリア文庫/ダリアノベルズ)
文庫のほうは特に年齢層が低いように感じる。内容というよりも装丁やあらすじが。

成美堂出版(クリスタル文庫)
地味。これといった特徴もないが、榎田さんが書いてるので買っている。

笠倉出版社 (クロスノベルズ)
装丁が比較的きれいでSHY NOVELSに近いオシャレさを感じるものもある(特に昔のもの)。出す冊数は少ないがわりとレベルは保っていると思う。

心交社(ショコラノベルス/ショコラノベルス・ハイパー)
ワンツーマガジン社(アルルノベルス)
共になぜか花嫁・アラブの印象が強い。たまに買うが、大当たりはいまだない。

茜新社(オヴィスノベルズ)
ラインナップに知らない作家さんが多すぎる。これといって特徴も思い浮かばない。

ムービック(GENKI NOVELS)
よく考えたら持っているわ、というレーベル。

学習研究社(もえぎ文庫)
日ペンの美子ちゃんを思い出す(なぜ)。すごく悪いことをしている気分になるレーベル。

オークラ出版(アクア文庫/アイスノベルズ/アクアノベルズ)
アクア文庫は絶版ものが読めるので大感謝。他はよくわからない。

集英社(コバルト文庫)
イースト・プレス(アズノベルズ)
小学館(パレット文庫)
よくわからない、印象に残りづらいので思い入れもない。

 
BLレーベルを並べてみた 
PING:
BLOG NAME
2/11、コバルト文庫追加。
語るほどのものじゃございやせんが語らせて頂きやす。
こんばんは、浅田次郎の天切り松シリーズを読んでたら
こんな書き出しがしたくなったaya-meです。
そういえば好きなレーベルをあげたことはありましたが、
1つにまとめたことはないのでちょっと雑感・思い入れを
こめて書いてみました。
結構長いので折りたたみます。
承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです
 
EXCERPT:
ゲイ&腐男子のBL読書ブログさまで見かけた記事が楽しかったので、自分でもやってみた。ただBL歴が浅いので読んでいるレーベルが偏ってるし、昔のレーベルはよく分からなかったりするので数は少ないです。しかも...
 
---



たぶんまだまだあるんだろうけど、よくわからないので割愛。これ書き上げるのに2週間近くかかりましたー。案外大変だったわ。
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/312-2336acd8