FC2ブログ
世界が終わるまできみと 
 世界が終わるまできみと

厚さに躊躇ってずっと積読だったものを引っ張り出して読みました。

杉原さんはやっぱり柔らかいなぁ。優しいというかね、雰囲気が。それと攻め。前回読んだ『いとしさを追いかける』も攻めがとことん優しい人でしたが、今作も攻めの優しさが最後まで光ってたし救いだったかな。全体は受けの有理視点なので、その印象が特に強かった。

子供たちがしなやかに強いのに対して、親たちの不甲斐なさが目立つなぁ。有理父は弱く逃げ出してしまったから特に。あの父がいたからこその有理であり学なんだけど。学が中途半端じゃなくてちゃんと扱われていたのもこの作品のポイントですねぇ。あの子が出ることによって有理と怜人の結びつきとか心の交流がこちらに伝わってきたし、何よりかわいい!


こういう作風の人が木原さんたちとオヤジ本を出してるから不思議。
 
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/418-b655070c