FC2ブログ
2007年 ベスト 
新年あけましておめでとうございます。
今年も地味に読書記録を残していこうと思いますので、ご訪問いただけるみなさま、よろしくお願いします。

今年は正月からK-BOOKSに足を踏み入れてしまいました。正月からオープンしてるってすばらしいですね!これが乙女ロードか~とほぁーと感心しながらうろつきました。買う気は満々だったんですが、いかんせん体調不良のため店内うろついただけで疲れてしまい手ぶらで帰ってしまったことが新年一発目の反省です。しかし都会は違いますね。やはり量が全然違うわー。今度上京したら山ほど買うわ!と新年一発目の誓いを立てました。

さて、2008年最初は昨年の独断と偏見によるマイ・ベスト。
2007年は小説もコミックも上位5位くらいが圧倒的に良かったです。萌えすぎてどうしようかと思った作品ばかり。続きものも勢いが衰えずに読ませてもらいました。
【小説】
1.透過性恋愛装置
ぶっちぎり。北嶋のかっとび具合が相当好きです。

2.ロマンスの黙秘権(1)~(3)
3冊ともすべて良かった。地味だけど地に足がついていてほっこりする。

3.ドアをノックするのは誰?
今年は鳩村さんを見直した年で、これはまさにきっかけになった作品。

4.午前五時のシンデレラ
いつきさんは巧いなあ。ハズレ作品がない。

5.牛泥棒
グイグイ引きこまれる筆力はさすが木原さんだなぁと改めて感心。

6.愛してると言う気はない
年末にきました。非常に面白かったです

7.ラブ&トラスト シリーズ
4冊すべて。番外ともいうべき『ダブル・トラップ』が出た年にすべて読めたことに感謝

8.溺れる戀
高遠さん、やっぱり好きです。さすがです。萌えました。

9.艶めく指先
秀さんのリーマンは秀逸。

10.ビューティフル・サンデー
やはりこれははずせなかった。今年一番泣いた作品。

【木原枠】
美しいこと(上)
吸血鬼と愉快な仲間たち(2)

トップ10に入れても良かったんだけど、順位が定まらず。『美しいこと』は下巻がでてからじゃないと判断難しい。『吸血鬼~』はBL抜きでおもしろかった。


【次点】
チョコレート密度
しじまの夜に浮かぶ月

最後まで崎谷さんのこの2作は迷った。どちらも好きだし崎谷さんさすが!と思ったのですが、やはりわたしの一番好きな『目を閉じればいつかの海』には及ばないかな~と。


【コミック】
1.純情(1)(2)
もどかしくじれったく。ひょうた節は健在で、こういうのを書かせたら右にでるものなし!しかも2巻の方が良かったんだ、これが!

2.セブンデイズ(MondayーThursday)
絵も好き。原作の橘さんも好き。あの空気感がたまらなく好き。続きが早く読みたい

3.くいもの処明楽
今年の大収穫のひとつ。CDも良かったわー

4.誰にも愛されない
ユギさん作品で一番好きなんです

5.魔法使いの恋
トキメキがそこにあった

6.エンドルフィンマシーン
リアルっぽい絵柄はそんなに好きじゃないのにあっさり好きだと思った時点で負けた

7.番人
いや、やはり破壊力が凄すぎて。あの作品がすべてです

8.キスブルー(2)
青春!だねぇ。おもしろかったなぁ

9.春を抱いていた
ついにこのシリーズを読んだ。濃かった。濃くて続きが気になりすぎます

10.前略
いまどき手紙という素材を使ってときめかせてくれた
 
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/441-340ec420