FC2ブログ
愛こそ明日の絶対 
 愛こそ明日の絶対

タイトルからして「最後?」とは思ってましたが、読み終わったときに「え?これでほんとに終わり?!」とちょっと驚いた。相変わらずあっさりですよねーいおかさん。そこが持ち味なんですけど、最後なのでもうちょっとどうにかならなかったかとも思う。

もちろん諏訪内と高城がラブラブであることがこのお話の前提でありおもしろいところなんですけど、2人の仕事を描く上で重要であろう事件そのものがあっさり片付きすぎる上に、2人の気持ちの描写が物足りなく感じてしまうんです。

『真昼の月』もそうなんですが、時間の流れが大体1冊1ヶ月(~1.5ヶ月)なんですよね。この作品もそうで、まだ3~4ヶ月ですか?!と読んでるこっちが驚く展開。これ、1年くらい経ってるほうがおもしろいんじゃないかな~と思うのはわたしだけでしょうか?今後はもう少し厚くて読み応えのある作品をお願いします。あっさりかつ濃厚なのがいいデス。
 
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/448-0b7418f2