FC2ブログ
銀盤を駆けぬけて 
 銀盤を駆けぬけて

フィギュアー!春原さんのマニアっぷりにニヤけてしまいました。
水澄が滑った『マノン』はわたしの脳内イメージはトービル&ディーンの『ボレロ』でした。ほんとすごかったんだよ、あの作品は!最近のフィギュアはあまりおもしろくないので見てませんが、荒川さんとか高橋くんの昨季の演技はすばらしかったですね。優希の演技(ジャンプ)のイメージはペトレンコですかね。うん、ペトレンコはすごかった。確かにキャンデロロとかのイメージじゃないよね。

さて初めて読んだ春原さんですが、攻めが丁寧な言葉遣いなのはデフォルト?1冊読みかけですが、これも丁寧なんですよねー言葉遣い。なんでしょう、こういうの本来苦手なタイプの攻めなんですが、これは全然大丈夫だったなぁ。フィギュア効果?

あぁそれにしても蘇るなぁ……トービル&ディーン、ビット、伊藤みどり、オーサーetc.
あの時代は輝いてたわーと夢見させてくれたのでこの作品好きです。
 
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/531-10a3265d