FC2ブログ
茅島氏の優雅な生活(1) 
 茅島氏の優雅な生活(1)

タイトルだけは耳にしていた作品。でも内容は全くわからなかったので、今回新装版になったので読んでみました。日高ショーコさんが挿絵なのはうれしい誤算。

実に遠野さんらしい作品でした。そして遠野さんらしいさがとっても生かされてるお話ですね。遠野さんって、現代ものを書くとどうしても突っ込み満載になってしまうんですが(わたし的にね。言葉遣いも妙に金持ちばかりでてくるところも)、これは逆にそこが持ち味というか、そのぶっ飛んだ設定がおもしろかったです。こういう遠野さんなら大歓迎だなぁ。

萱島氏の恋人が「彼」「俺」でしか表現されておらず、苗字すら出てこないのも新鮮。こんな設定なら遠野さんが生きるんだ!と目から鱗。

ふわふわと雲の上の生き物たちのお話を読んでる感覚ですね。ただ聖司という存在に俗っぽさが感じられて違和感。この人だけは、わたしの苦手な遠野さんを感じちゃったんですねぇ。続きにもでてくるんですね。ここだけ現実に返っちゃいそうだ。
 
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/635-2fa0b88b