FC2ブログ
茅島氏の優雅な生活(3) 
 茅島氏の優雅な生活(3)

とうとう茅島さまの恋するお相手の名前が出てきませんでした。これで3巻持つってある意味すげーと感心しました。

この巻でも長編はなくて、小編~中編という構成。読みやすいといえばそうだけど、内容的に同人誌だなぁと思う部分も多々あり。特に聖司が出てくるものは浮いてる感さえありましたね。それと2巻で東原さんがでてきたように、今作の最後にも金曜紳士倶楽部の面々が登場しますが、読んでいないわたしにはちんぷんかんぷん。「同人誌だからできる」的要素がたくさん詰め込まれたシリーズでした。

とはいえ、もちろんおもしろく読みましたよ。「彼」が茅島氏が心変わりをしたんじゃないかと思い悩むシーンでうっかり涙ぐんでしまったり。自分でも「おいおい。これで涙ぐむってどうよ?!」と驚いた。名前なんてなくても感情移入ってできるんだねぇ。

遠野さんって「巧い」印象のない作家さんだったけど、このシリーズ読んでちょっと見方がかわったかも。そして日高ショーコさんの絵は今回も美麗でした。
 
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/661-eb43acbc