FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年ベスト 
2009年ベストです。かーなーりー迷いました。小説は上位15冊くらいがすごく良くて、それ以下との差が広がってると思った(要するに印象に残ってない)。コミックスは読んだものはすべて当たりという幸せな年でした。

【小説】
1.藍より甘く
相当迷いましたが(10~12月のベストと同じく)デビュー作を超えた一穂さんの代表作だと思うので、1位にしました。

2.放水開始!~許可証をください!(6)
2.唇にキス舌の上に愛~愛と混乱のレストラン3
選ぶなんて無理!どちらも期待して期待して待っていてしっかり期待にこたえてくれた作品。力のある作家さんはさすがだなと思わせられた。

4.オールトの雲
2作目のランクイン。透明感があって素敵な作品でした。

5.流星シロップ
『空色スピカ』と迷ったけど、こちらのほうがより萌えたかな~。2009年はかわい作品の当たり年でしたね。

6.隣に居るひと
たぶん2009年で一番泣いた作品。椎崎さんの底力をみました。

7.ホーリーアップル~ドードー鳥の微笑
どんどんシリーズがおもしろくなっていく予感。

8.最果ての空
やっぱり篠塚義兄でシリーズの締めだな、と。BLじゃないかもしれないけど、やっぱりいい作品は記録にも記憶にも残ります。

9.はな咲く家路
またも一穂作品。質が落ちなくて、その都度印象が違っているのがすばらしい。

10.嘘と誤解は恋のせい
小林典雅さんが「ちゃんとしたBL」を書いて売れた!すばらしい!


【コミックス】
1.兎オトコ虎オトコ(1)
2位とは相当の接戦でした。どれが1位でもおかしくなかったけど、新しい作家さんに出会わせてくれた作品であることと、なにより未だに読み返して萌えていることが1位の理由です。

2.ディア・グリーン~瞳の追うのは(3)
2.純情(3)
2.子連れオオカミ

選ぶなんて無理!!!富士山作品の最終回というだけでランクインしちゃうけど、シリーズ通して質が落ちずにおもしろかった!『子連れオオカミ』は未だに読み返してニヤけています。

5.AMETORA -雨寅-
だって依田作品ですよ?おもしろいに決まってる。

6.幾千の夜 第一夜
続きが気になるーー。繊細なストーリーが木下さんの絵とピッタリ嵌ったと思います。

7.そして続きがあるのなら
内田作品を見直した。

8.耳たぶの理由
国枝さんはストーリーは当然うまいけど、絵がとにかく好きなんですよね。

9.愛くらいちゃんと
だって依田作品だもの。

10.社長と秘書 愛の証明
これは本当に萌えたなー。なんともいえずジタバタした作品でした。

------------------------------------------

完全なる独断と偏見で選んだ順位ですが、2009年は自分でも少し作品の好みが変わってきたかな?と思いました。ベースは変わってないんですが、「好き」の範囲が狭くなったというか。それと手当たり次第に買っていたのを控えて、考えて購入するようになりました(当たり前?)。だからかな、コミックスの当たり作品ばかりに出会えたのは。2010年も素敵な作品たちに出会えますように~!
 
secret

trackback url
http://bba3rd.blog116.fc2.com/tb.php/752-bb2bac93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。