FC2ブログ
鳳凰に抱かれて 
 鳳凰に抱かれて

初めて読む作家さん。ヤクザものが多いのかな?

とりあえず無性にヤクザものが読みたくなって購入。正直「クロスだしなー」とさほど期待もしてなかったので「ま、こんなもんか」というのが本音。

まず刺青の鳳凰の印象薄っ。タイトルに持ってくるぐらいだから、もうちょっと印象的に書かれててもいいんじゃないかなーと思いましたよ。それと、これたぶんコメディっぽくしたかったんだろうけど、全体的に中途半端。コメディにもなってないし、泣けるほど不幸な印象も受けないし。新書のわりに内容が薄い気がします。

それと誤字脱字が多いわ。「週」を「集」とか、ちゃんと校正してんのか疑問。クロスは装丁はそれなりに好きだけど、そういうところが甘いと思う。
薔薇の瞳は爆弾 
 薔薇の瞳は爆弾

そろそろ慣れてもいい頃だぞ……とは思うものの、未だにヤマシタさんの世界観に一歩も二歩も遅れを取ってます。

どちらにしろ最初の2編はひじょーーに後味悪いわ(笑)
2度読み返しても、登場人物が絞られてるせいか、いまいちわかりにくいし。
って、すでにヤマシタさんに取り残されてるわたし。

あとの作品は、くすっと笑えたりするものも多いですが、途中で誰が誰だかわかんなくなりましたー。あは。

短編ばかりだとごっちゃになるっつーの。そしてペーパーに至っては見分けすらつかないという……。
恋の話がしたい 
 恋の話がしたい

なんか『イルミナシオン』と感想がおなじような感じになりそうな。

ほんと、ヤマシタさんのカップリングは見た目と逆なんだよねー。最近は、かわいい子をみると「これはヤマシタさん的に攻め」って思ってしまう。ていうかどうしてもあの見た目で「攻め」とは思いたくないっていうかー。「入れるほう」みたいに思わないと「攻める」とは違うよなぁ、、、なんて。

でも、ま。そういうのを除けば、ヤマシタ作品はさすがなのです。恋のドキドキ感をメールやら表情やらで表現するのは「ヤラレタ!」って思う。姪っ子視点とか女子視点の巧さも、やはり「さすが」なのでした。
イルミナシオン 
 イルミナシオン

なんともシンプルな表紙。

短編作品集なんですが、これ、好み分かれそうだなーと。わたしは好きカテゴリに入るし、ヤマシタさんらしい作品の数々と思ったんですが、どうでしょう?

ストーリーよりも気になったのが女子の目がデカ!ってこと。こんな目描いてましたっけ~?すっごい気になりすぎて話うろ覚え。

『タッチ・ミーアゲイン』の感想で書いたんだけど、どうもヤマシタさんとわたしの好みのカプは逆なんだよねー。特に見た目の。だからって面白さがなくなるわけじゃないけど、一緒ならもっと面白いだろうな~と思います。
どうしても触れたくない 
 どうしても触れたくない

評判が良かったので買ってみた。

めちゃくちゃトキメイタ……!!!

初めて読む作家さんなのに。超眠たいのに。
2回も読み返した。そして今これを書く前にもう一度。わたしにしては珍しいこと。それくらい面白かったということです。

そして泣いた。漫画で泣かされるなんてー。
でも切なさがすっごい伝わってきて堪らなくなったんですよ。

力こめておススメ。
死ぬほど好き 
 死ぬほど好き

さすがユギさん!と思わせるクオリティです。1冊丸ごと十分におもしろかった!

ま、「死ぬほど好き」かどうかはわからんかったけど。いや、タイトルからしてもうちょっと深刻な話なのかと想像してたので。でもユギさんのはこういうくすっと笑える話が好きなので無問題。特に「10周年おめでとうマンガ」はユギさんらしいなぁと思った。

最後の高校生×塾講師はまさかの展開。久寿米木の鬼畜攻めには驚かされたわ~。がんばれ晃太!

ユギさんもそうだけど、榎田尤利さんとか常に高いクオリティが当たり前の人って大変だよねぇ。読み手側も期待値が高いから他の作家さんよりも厳しい見方しちゃうし。でも一定以上のものを提供してくれるから更に期待してしまうんだけどね。
ゴールデン・アワーズ・ショウ 
 ゴールデン・アワーズ・ショウ

雑誌で読んだときは、さほど惹かれなかったんですよ正直。でも今回改めて読んでみると印象が違った。あれ?挿絵が違うから?(っていってもあとがきでわかったんだけど)。

さて、ドラァグクイーン攻め。ドラァグクイーンが攻めであれ受けであれ、メインのお話は読むのが初めてだね、たぶん。ドラァグクイーンというと『プリシラ』を思い出します(あれは映画としておもしろかったけど、わたしの中でのイメージはあれに終始しちゃってていいのか悪いのか考えるところではあるな)。

で、このお話は設定こそドラァグという特殊な攻めを配置してますが、内容はごくごく普通の若者の生活と悩みを上手に綴ったストーリー。ドラマティックな出来事や大層な事件が起こるわけでもないんだけど、妙に読ませる力がありました。ただ、どうにも全体に微妙な空気が漂ってる気はするんだな。ここら辺が雑誌で引き込まれなかった理由かと。

ワンコインでこの内容なら満足!ではありますので、2作目はパール文庫じゃなくてシャレード文庫のほうでお目にかかりたいな、と(筆力はあると思うのでもうちょっと長い作品で読みたい、という意味です)。
恋の心に黒い羽 
 恋の心に黒い羽

カップリングはそんなに変化球でも逆でもなかったけど、歯の話とかはちょっと異色に感じた。個人的には『ベイビー、ハートに釘』と『イッツマイチョコレート!』が好きですねぇ。姉ちゃん視点だったり、大家族ものだったりしてBLとしては変わってますが、そこが魅力といいますか。

そう、ヤマシタさんは表情(を描くの)が上手いんだと思います。『ベイビー、ハートに釘』も弟の表情も良かったけど、足田くんのちょっと後悔した表情がなんともいえない良さでした。

ヤマシタさんは今月2冊目ですが、こっちの方が好きだったかな。『くいもの処明楽』といい、マーブルコミックスのほうが合ってるのかもしれない。
タッチ・ミー・アゲイン 
 タッチ・ミー・アゲイン

『くいもの処明楽』が非常にツボで、CDも楽しかったので、期待大で臨みました。

いやー驚いた。
ことごとくカップリングが逆でビックリした。
明楽のときは全然思わなかったんだけどねぇ。今回は、ほんとに真逆でしたよ。

ま、『Candied Lemon Peel』を雑誌で読んだときにちょっとアレ?とは思ったんだけどさ。まさかのオカマ攻めだったし、この作品だけだろうとか思い込もうとしてましたね。完全な逆カプ好みだな、これは。

だからといって面白さに変わりはないのです。無精ひげの男(でも受け)を描かせたらヤマシタさんは絶品だね!
蜜月-Honey Moon 
 蜜月

雪代作品、合わないものはとことんダメですが、この系統は大丈夫みたいです。むしろ好き。設定が『ビューティフル・サンデー』と似てるなぁと思ったのですが、こちらの作品の方が先に書かれたものらしいですね。ということはこういう設定が好きなのかもね。

攻めが『ビューティフル~』よりもSチック。ぎゃー苛めてる!てな感じでした。もちろん愛情過多のためですけども、SM(チック)なのは苦手なのですよね。なので雪にかこつけて城に閉じ込めるのはいいとしても(いいのか?)、ベッドシーンはちょっと苦手だったかも~。それ以外の心情とかは切なくてじわじわときました。まぁ個人的には『ビューティフル~』の方が好きでしたが。